東北のスキー場ランキング

東北には、誰もが一度は聞いたことのある有名なスキー場が各県に点在しています。新幹線で首都圏からのアクセスも良く、宿泊施設の整ったスキー場も多くあり、シーズン中は多くのスキーヤーやスノーボーダーが訪れます。岩手には、滞在型のリゾートの整ったスキー場が多くあり、山形には樹氷が楽しめるスキー場があります。福島の猪苗代・磐梯・裏磐梯エリアはビッグゲレンデが集まっており、東北でも特に人気のあるエリアです。

150件を表示 / 全110

並び替え:
評価の高い順
積雪の多い順
コース数の多い順
  • 1

    4.56

    安比高原スキー場は、18本のリフトと全21本のバラエティー豊かなコースで東北エリア最大規模のスケールを誇るスキー場である。標高1305mの前森山と1328mの西森山に展開し、北向き斜面が多いので雪質も非常によい。全体的にロングコース主体のレイアウトで上部に中...

    • コース:21
    • リフト:18
    • ハーフパイプ
    • ナイター
    • キッズパーク
    • 託児所
    • 小学生以下無料

    ながーーーい!!!!

    ☆☆☆☆☆ 5 そりゃそうさ リフト、ながーーーい。 コース、ながーーーい。 ついでにコブも死ぬほどながーーーい!!!! …つーことで 【総評】 3月1日~2日、12年ぶり再訪。 かつては毎年通っていた安比。その後、色んなスキー場をめぐり巡って流離い続けるようになって、すっかり足が遠のいていたのだが… 長期入院してしまったクルマが未だに帰ってこない。代車は手配してもらったが「スタッドレス履いたやつ寄越せ」という要求は満たされず、雪山に行くには公共の足を使わざるを得ない状況が続いている。ま、こんなシーズンもあるさと開き直ってびゅうのHPを眺めていたら、WEB限定でかなりお得な安比のツアーを見つけたので、久しぶりに行ってみることにした。 ま、今更スキー場のスペックだの、ここが○だの×だのなんてのは、ダラダラ書かなくても皆さん分かってる筈なので割愛して、当日の様子を報告するにとどめよう。 因みに、今回はかなり気温が上がってしまって、安比自慢のアスピリンスノーにはありつけなかった。前回の青森遠征のレビューでさんざん雪質への拘りをぶち上げておいてなんだが、さすがに3月に入ったら“乾雪じゃなきゃ☆ひとつ減点!”なんてワガママは申しません。逆に、安比で、春用の薄手のグローブとインナーで、ジャケットの前をガバッと開けて滑ったのは初めてだったので、それはそれでレアな体験だったワケだし。天気が良くて、八甲田や岩木山まで見えたのも初めてだったので、それはそれで嬉しかったしね。 【天候・気温】 3/1…晴時々薄曇り 日中、ベースで3℃くらい 3/2…晴時々薄曇り 日中、トップで4℃くらい 【公表積雪深・雪質】 3/1…195cm 下部、湿雪 上部、乾雪 新雪はややクラスト 3/2…195㎝ 全面湿雪 【リフト、コースオープン状況】 通常運行するリフトは全て運行、不定期運行のリフトは全て運休。 オオタカコース最上部、おそらく積雪不足という理由でクローズ。 ハヤブサコースのレッドハウスより上部、マスターズ大会のためクローズ。 …オオタカの最上部は、俺の知る限り、開いていたためしがない。雪は充分付いてるように見えたから、オープンしてもいいと思うのだが…実際、ロープを潜って滑った跡がいっぱいあったし。でもって、この日は大会のためにハヤブサ上部もクローズ。よって、山頂からメインコースに入ることが出来ず、かなり不便な思いをした。こういう時は“雪薄いから注意して!”というアナウンスを付けてオオタカ上部を開放する等、もうちょっと一般客に配慮した臨機応変な処置をしてほしかった。ま、他にも楽しいコースが幾らでもあったから、減点対象にはしなかったけど。 【混雑状況】 平日。団体客なし。リフト待ちなし。コース混雑なし。外人さんはアジア系ばっかし。 因みに、今回泊まったグランドヴィラ3も、7割以上の客がアジア系外国人な感じ。尤も、彼らのマナーも随分良くなって、不快な思いは全くしなかったが。彼らの落としていくおカネでスキー場が活性化するならむしろ喜ばしいことだ。 【上級コース&コブ状況】 ◇◇イヌワシ◇◇ 不整地~浅いコブ。新雪は喰い尽くされ。コース端を滑ればコブは避けられる。 ◇◇ヤマガラ◇◇ 不整地。リフトより外側のエリアには結構新雪が残ってた。それなりに浮遊感。距離は短い。 ◇◇西森ツリーラン◇◇ 不整地。新雪は喰い尽くされ。かなり斜度がキツい上、滑れるラインが限定的なので、ウハウハのパウダーラン遭遇率は低いと見た。 ◇◇モーグル練習レーン◇◇ オオタカ中部、第3リフト区間にある。ラインは2本。斜度緩め、ピッチ長め、それほど深くは掘れてない。距離も短い。あくまで入門者の練習用。デキる人は一発完走。 ◇◇ザイラーロング上部◇◇ 整地。かなり固く締まった下地の上に、エッジングで削られた雪がサラッと載ってる感じ。相当強い荷重をかけないとすぐにズレてしまうほどのハードパック。本当にズレないカービングターンを決めていたのはスキーレーサーやアルペンボーダーだけだ。 ◇◇第2ザイラーA◇◇ 上部急斜面、ほぼ全面固い自然コブ。やや荒れ気味で、キレイなラインコブになっていたのは2本くらいか。おそらくコブの滑りは知らないであろうボーダーのグループが入りこんで、相当苦労している姿を何度か見かけた。中間部以下は上から見て左から、圧雪車一台分の整地⇒ラインコブ2本(途中で1本消える)⇒荒れた不整地、の順に並ぶ。でもって、このラインコブが途轍もなく長い。とんでもなく長い。死にそうなくらい長い(笑)。俺が今までに遭遇した最長完全連続コブは、2年前、やはり3月のきそふくしまスキー場で、シークレットAコースの端を延々と続くラインコブだったが、今回、遂にその記録を更新した。きそふくしまの時は、シャクシャクの柔らかい春コブで斜度も緩いから、ヘロヘロになりながらも、あまりの長さに思わず笑ってしまうくらいの余裕はあったが、ココはそんなもんじゃなかった。まず、固い。とにかく固い。そして深い。ある程度バンクも発生しているから、大回しであまり脚力を使わずに制動をかけることも出来なくはないが、溝が深いので、気が付くと、アリ地獄のように滑走ラインが中央にどんどん寄ってきて、競技モーグルのように深い吸収でコブを乗り越えながら縦に縦に高速で攻める滑りに、勝手になってしまう。ま、俺はどっちかというとそういう滑りの方が好き(…というか、バンク滑りは良く知らない)なので、それはいいのだが…こーゆー滑りで固ーいコブを攻めるとどんだけ消耗するか…分かる人には分かるだろう(笑)。しかも、ピッチがかなりバラバラなのだ。ちょっと間延びしてるなーと思ってたら急にピッチが短くなって一瞬切り替えが遅れてバランスを崩す。リカバリのために余計な力を使って更に消耗する。目線だ!もっと前を見ろ…ま、こんな感じで滑ってたのだが、あまりの長さに完走なんてもちろんムリ。二分割でもムリ。四回に分けて滑り切るのがやっとでした…ヘタレなワタシです。それも、最後の2区間は、止まる度に寝転がって息を整えないと次が滑れない、とゆう体たらくでした。最後、あと10ターンくらいでゴール、くらいの場所に来たときは、滑りながら本気で「もうヤだ~!!!!」と叫んでました…まぁ、周りに人がいなかったからだけど…ヘタレなワタシです。もちろんこの辺りはすぐ隣に整地のエスケープゾーンがあるから、そんなにヤなら整地を下りりゃいいだろ!と突っ込まれそうですが、コブに魅せられた人間というのは、コブが続く限り、そこを滑ってしまうのです。もはや、中毒です。ビョーキです。笑ってくれ(笑)。この日、俺と同じ時間帯にコブに入っていたのは、上級シニアが一人。さすがに、やや大回りでスピードを落としたバンク滑りだったが、俺と同じく四分割くらいのペースで滑ってたのだから大したものだ。後で聞いたら70過ぎてるって!凄まじい体力だ。安比、恐るべし。 ◇◇セカンド第1上部◇◇ ビスタクワッドを潜った辺りから、左端の非圧雪部分にラインコブが一本。緩斜面から始まって、ちょっとした中斜面の落ち込みの先まで続く。前述の第2ザイラーAとは比べ物にならないが、こちらも意外と長い。スタート地点からは終点が全く見えないので余計にそう感じるのかも。このコースはもろに東向きで、午前中は日射を受けて雪が緩むので、地獄の2ザイAとは対照的に、楽しんで滑れるコブだった♥ ◇◇セカンド第3◇◇ 荒れた不整地。もちろん、新雪は喰い尽くされ。コブはなし。ま、新雪のない、暖かい日に滑っても面白くも何ともないのは知れたこと。降雪後の朝一は、斜度といい広さといい長さといい、安比随一のウハウハパウダーバーンになることだろう。
  • 2

    4.26

    グランデコスノーリゾートは、ベースの標高が1000mを超えており、裏磐梯エリアの中でも豊富な積雪量と極上の雪質が楽しめるスキー場として人気がある。ゲレンデは縦に展開されており、上部バーンに自然コブコースや非圧雪バーンなどがあり、滑りごたえがある。初...

    • コース:8
    • リフト:5
    • ハーフパイプ
    • ナイター
    • キッズパーク
    • 託児所
    • 小学生以下無料
  • 3

    4.18

    蔵王温泉スキー場は、14エリアに広がる全26コースを擁し、ゴンドラ・ロープウェイ含め41本ものリフトがある東北だけでなく日本を代表する超ビッグなスキー場である。1日で回り切れないほどのコースは、初級者から上級者向けまでバラエティ豊かに展開されている。...

    • コース:26
    • リフト:41
    • ハーフパイプ
    • ナイター
    • キッズパーク
    • 託児所
    • 小学生以下無料

    樹氷

    コースが多く、山頂付近で樹氷が見られるのでお勧めです!
  • 4

    4.17

    猪苗代スキー場は、磐梯山の山腹に展開し、中央エリアとミネロエリアのふたつのエリアから構成される大型スキー場である。どちらのエリアからも猪苗代湖を望むことができ、湖に飛び込むように滑っているような感覚が特徴。中央エリアは広いバーンで初心者からファ...

    • コース:16
    • リフト:8
    • ハーフパイプ
    • ナイター
    • キッズパーク
    • 託児所
    • 小学生以下無料

    猪苗代湖

    福島県の猪苗代スキー場でゴンドラで一番上まで行き頂上からの景色はオススメです!晴れの日には猪苗代湖を眺めることができるので最高です
  • 5

    4.09

    会津高原だいくらスキー場は、全コース北東を向いており、積雪量と雪質の良さが自慢のスキー場である。ゲレンデは比較的広々とした中斜面と緩斜面主体のレイアウトで、中急斜面が苦手な人も安心して滑れる。最上部にある台鞍ゲレンデは、非圧雪のコースの上級者向...

    • コース:11
    • リフト:5
    • ハーフパイプ
    • ナイター
    • キッズパーク
    • 託児所
    • 小学生以下無料

    晴れのち雪

    朝は晴れ間ものぞいていたが、昼頃から雪に。 ゲレンデは一部急斜面を除けば、リフト一本でほぼ全てのコースが回れる。 スノーパークもありフリースタイラーにも。 スノーボーダーが7割くらい。上手い人が多く、初級者は少な目。 日曜でしたが、あまり混んではいなくて、 リフト待ちもMAXで5分くらい。 電車や高速のアクセスが悪いからかな。
  • 6

    4.07

    仙台市内から約1時間のアクセスで、宮城県内でも屈指のロングランを楽しめる縦長に展開されるスキー場である。ロングランもよし、ルーティンでぐるぐるまわすもよしのゲレンデレイアウト。ゴンドラでゲレンデ上部まで一気にアクセスでき、1本乗り継ぐと頂上まで上...

    • コース:10
    • リフト:8
    • ハーフパイプ
    • ナイター
    • キッズパーク
    • 託児所
    • 小学生以下無料

    どか盛りラーメン

    山頂までのリフトが動かず、ふかふかのゲレンデを滑れなかったのが残念。 (行けたら行けたでかなり苦労したと思うが) 同行の先輩は、蔵王温泉よりこちらの雪質の方が軽くて好みとのこと。 整地がばっちりなのでカービングが楽しい。 そしてコブ好きが多いようで、皆で協力してコブを作っている。 浅いコブから、成長したコブまで練習させてもらえる。 ちょっとはまりそうだが、調子に乗っての怪我だけは注意しないと。 日帰り温泉に「湯と森倶楽部」へ。 宿泊にも良い感じだと思う。
  • 7

    4.05

    星野リゾート アルツ磐梯スキー場は磐梯山麓の3つの尾根に広がり、東北最大規模を誇る全29コースで構成されるスキー場である。ゲレンデは、初心者から上級者まで楽しめるコースバリエーションの豊富さが自慢だ。ナチュラルゾーンと呼ばれる非圧雪エリアもあり、降...

    • コース:29
    • リフト:8
    • ハーフパイプ
    • ナイター
    • キッズパーク
    • 託児所
    • 小学生以下無料

    初猫魔ボウル

    26日(木)にアルツ磐梯に数年ぶりに行って来ました。以前出掛けた時は、雪・風が強く奥の猫魔ボウルまでは断念してフードのあるコースを滑っていましたが、今回初の奥までの滑走となりました。天候は風が無かったものの、一日を通し雲が張り付き視界はまずまずでしたが、アルツ磐梯からの景色はまたお預けでした。コースは、中級者から上級者が喜ぶ斜面が揃い、天候も今一つな事もあってか、人はまばらでほぼほぼ貸し切りの状態で、雪質も上級者コースが多い事から、非圧雪のコースが多く、コースによっては新雪の良い状態を保った軽い雪を楽しめました。視界良好での滑りと、景色の堪能は次回のお楽しみです。
  • 8

    4.02

    天元台高原スキー場は、2,000m級の山々に囲まれた奥羽山脈の南部に位置し、ゲレンデトップが1,800mを超えているうえに北向き斜面であることから例年12月上旬からゴールデンウィークまで営業可能な安定した積雪量と雪質を誇るスキー場である。コースレイアウトは...

    • コース:7
    • リフト:4
    • ハーフパイプ
    • ナイター
    • キッズパーク
    • 託児所
    • 小学生以下無料

    春スキー

    春でもよい雪で長距離滑れます。さすが東北という感じ。米沢周辺の食や観光も見逃せないですね。よい温泉が多くぜひはいってほしいです。
  • 9

    3.95

    米沢スキー場は国道13号沿いにあり道路管理が行き届いており、米沢市内から20分の好アクセスのスキー場。初心者に嬉しいワイドな緩斜面からコブ斜面までバラエティー豊かな全8コースで構成される。ナイター設備が完備された中の平ゲレンデは幅広い1枚バーンで初級...

    • コース:9
    • リフト:6
    • ハーフパイプ
    • ナイター
    • キッズパーク
    • 託児所
    • 小学生以下無料

    とても行きやすいスキー場

    道は幅の広い国道13号線沿いにあり、とても行きやすくスキー場ですがだからといって初心者向けではなく中上級者でも十分楽しめるスキー場です。ただし、個人的に好きだった斜度40度以上の弾丸コースがそこに行くまでのシングルリフトが稼動をやめてしまい滑れなくなってしまったのが非常に残念です。
  • 10

    3.94

    グランディ羽鳥湖スキーリゾートは、スキーヤーとスノーボーダー、さらにレベル別に考慮されたコースレイアウトになっており、ビギナーからベテランまでの幅広い層を満足させるスキー場である。またゲレンデは、高速クワッドを中心に幅の広いコースを中心に回せる...

    • コース:11
    • リフト:5
    • ハーフパイプ
    • ナイター
    • キッズパーク
    • 託児所
    • 小学生以下無料

    空いてました

    初めて行きました。 遠いと思いきや、意外に近く運転が楽です。ただ、駐車場からゲレンデまで階段を上る必要があり子連れとしては大変でした。 リフトは高速リフトはいいが、それ以外は遅い…。 ゲレンデの状態はよく、気持ちよく滑れました。 帰りは、リフト券を見せて安くなるリゾーナの森の温泉に行きました
  • 11

    3.89

    裏磐梯猫魔スキー場は、猫魔ヶ岳の北側に展開し、豊富な積雪と上質パウダーが楽しめるスキー場として人気がある。「ミクロファインスノー」と呼ばれる猫魔特有のパウダーを求めて降雪後は多くのパウダーフリークが集まる。ゲレンデは全体的に中上級者向きのコース...

    • コース:10
    • リフト:6
    • ハーフパイプ
    • ナイター
    • キッズパーク
    • 託児所
    • 小学生以下無料

    初心者向けではない

    GWも近いのにまだ吹雪いている映像を見て、16-17シーズンをここで〆ることに。 全体的に斜度があるコースが多くて、初心者は連れてこれないですね。 コース幅も狭いので、9時過ぎるとそんなに人がいるわけでもないのに混んでる感じはします。 リフトが速ければもっと回せるのに惜しいですね。 レストランは効率化のためかカレー・ラーメン・カツ丼くらいしかメニューがなく、男性用女性用(量が違うのか?)に分かれているという素っ気無いラインナップなので利用せず。 ハイシーズンの雪質は高評価なので、来期はその頃来てみたいです。
  • 12

    3.89

    箕輪スキー場は、トップの標高が1500mと高く積雪量の多さと雪質の良さを誇る全11コースのスキー場である。ベースエリアでも1000mを超えており、さらにゲレンデ全体の8割に人工降雪機を導入しているので、例年11月下旬からGWまで滑走可能なロングシーズンが魅力で...

    • コース:11
    • リフト:4
    • ハーフパイプ
    • ナイター
    • キッズパーク
    • 託児所
    • 小学生以下無料

    混雑していたが、そこそこ滑れました。

    初めて箕輪スキー場に行きました。 周りのスキー場が雪不足ためか、混雑していました。久々に10分くらい並びました。 雪・風が強かったですが、動いていたリフトがフードと足置き付きで寒さと疲れはさほど感じませんでした。 残念なのが、リゾートとは思えないゲレ食です。最近のほかのスキー場と比べるとメニューが普通すぎてイマイチでした。
  • 13

    3.82

    会津高原たかつえスキー場は、トップの標高が1600mを超える高倉山の山麓に広がる初級者から上級者まで楽しめるバリエーション豊富な全15コースのスキー場である。トップの標高が高いので、トップシーズンに最高のパウダーを味わえることでも有名である。ゲレンデ...

    • コース:15
    • リフト:9
    • ハーフパイプ
    • ナイター
    • キッズパーク
    • 託児所
    • 小学生以下無料

    会員

    無料の会員カードを作ると、食事や温泉が安くなります。
  • 14

    3.82

    会津高原高畑スキー場は、会津高原エリアで唯一のスキー専用ゲレンデで、スキーヤー向きの圧雪の行き届いたバーンを楽しめるスキー場である。ゲレンデは、初級者から上級者まで、あらゆる層を楽しませることができるバラエティー豊富なコースレイアウトである。ロ...

    • コース:10
    • リフト:4
    • ハーフパイプ
    • ナイター
    • キッズパーク
    • 託児所
    • 小学生以下無料

    からあげ

    食堂のからあげ定食が大きなからあげが6個ものっていてボリュームあります。
  • 15

    3.81

    雫石スキー場は、北東北を代表するビッグゲレンデで、ワールドカップや数多くの大会も開催されるほどの滑りごたえのあるコースが揃うことで人気のスキー場である。ロングランが楽しめるコースレイアウトと、コブやパウダーまで楽しめる斜面変化が特徴である。上級...

    • コース:11
    • リフト:7
    • ハーフパイプ
    • ナイター
    • キッズパーク
    • 託児所
    • 小学生以下無料

    中級向け

    地元のかたが多く中斜面主体。プリンスらしくよいスキー場です。
  • 16

    3.81

    青森スプリング・スキーリゾート(旧:ナクア白神スキーリゾート)は青森県でも屈指の豪雪地帯にあり毎年安定した積雪量で、トップシーズンには極上のパウダースノーを満喫できるスキー場として人気がある。トップの標高は920mと決して高くないが、ゲレンデが秀峰...

    • コース:14
    • リフト:5
    • ハーフパイプ
    • ナイター
    • キッズパーク
    • 託児所
    • 小学生以下無料

    THE 脇パウ天国2!!

    ☆☆☆☆ 4 満足。機会があればまた来る! 【総評】 2月9日、初訪問。 クルマが長期入院してしまったので、新幹線で青森遠征に出ることにした。青森県のスキー場は一つも滑ったことがなかったからだ。 初日は一気に下北半島を北上、むつ市の釜臥山スキー場へ行ってみた。そこで、聞きしに勝る絶景に感動し、予想よりはるかに酷い湿った雪に涙した(笑)。翌日は、弘前への移動と市内観光に費やし、3日目にやってきたのがココ、青森スプリングだ。 岩木山の斜面に開かれたこのスキー場は、かつてはプリンス系列であり、その後経営が変わる度に名前がコロコロ変わっている。スキー場に限らず、レジャー施設ってのは“知名度”がある意味生命線であり、まるで語感の異なる名称に変えてしまうのはあまりよろしくないと思うのだが、そんなことは何処吹く風。今度はどんな名前になるのか気になるところだ(笑)。地元の人や、以前からスキーをやってる人には、プリンス時代の“鰺ヶ沢”が最も通りがいい。 トップの標高は920mと決して高くないが、ゲレンデは見事に北向きであり、緯度の高さも相まって素晴らしいパウダースノーが待っていた。釜臥山では“緯度の恩恵”に全く与れなかった分、感慨も一入だ。 全体的に緩斜面が多く、上級者には消化不良と思われがちだが、3本ある上級コースはまさに脇パウ天国。殆んど面ツルのヒザ上パウダーを一日中喰いまくり、釜臥山の鬱憤を全て晴らし、大満足のスキー場と相成った。以前、岩手の奥中山に“THE 脇パウ天国”の称号を贈らせてもらったが、期せずして第2号はコチラに進呈、青森のスキー場の面目躍如といったところか。 つーことで、マジで気に入ったスキー場であるが、敢えて難点を挙げると… 【ここが×】 ▼公共の足がない。何通りかある送迎バスは全てホテル宿泊者専用。せめて鰺ヶ沢駅からのシャトルバスは日帰り客にも開放してほしい。しょうがないから、わたしゃ弘前からレンタカーで行ったけどさ。 【天候・気温】 薄曇り一時雪 日中、ベースで-1℃くらい。 【公表積雪深・雪質】 150cm 乾雪 【リフト、コースオープン状況】 アスペンペアのみ運休。全コースオープン。 【混雑状況】 平日。地元小学校のスキー授業2校。ゴンドラはタイミングによって数分の待ち。それ以外はリフト待ちなし。 【上級コース状況】 ◇◇ツイスター◇◇ コース内は整地。リフト側の疎林帯は、木の間隔が広く、絶好のツリーランエリア。エントリーしやすい分トラックも多いが、それでも浮遊感満点のヒザ上パウダーランを満喫できる。 ◇◇ダイアモンド◇◇ 不整地。滑り出しがやや遅かったのでコース内は食い尽くされたパウダー。コース脇の疎林帯は、木の間隔が広く、絶好のツリーランエリア。ツイスター側よりエントリーする人は少ないので、ラインを選べば殆んど面ツルのヒザ上パウダーを喰える。 ◇◇コルクスクリュー◇◇ 不整地。昼過ぎになってから行ったので、コース内はかなりトラックが入っていたが、それでも脇パウは充分に残っていた。このコースは回転効率が極めて悪く、美味しい部分の上下を挟む緩斜面を延々滑って、3km15分もかかるゴンドラに乗らないとリピートできない。その分滑る人が少なく、新雪の残存率が高いのだ。コース脇は絶好のツリーランエリア。前述の通り、滑る人が少ないので終日、殆んど面ツルのヒザ上パウダー。 以上、コース外滑走は、公式にはもちろん禁止。ちゃんと技術のある人が自己責任で滑ること。 ◇◇パラダイス(中級)◇◇ 整地。コース上部に、半面不整地が残してあり、ラインコブが一本。前半は斜度が緩く、ピッチがやや間延びしていたのが玉にキズだが、それでもちゃんとしたコブを滑れたのは嬉しかった。
  • 17

    3.79

    八幡平リゾート下倉スキー場は、雄大な岩手山と八幡平に囲まれ、中上級者向きのコース中心のスキー場である。積雪量や雪質も例年安定しており、トップシーズンには未圧雪ゾーンなどでシルキーパウダーを楽しむことができる。ホワイトコース下部に常設のスノーライ...

    • コース:7
    • リフト:3
    • ハーフパイプ
    • ナイター
    • キッズパーク
    • 託児所
    • 小学生以下無料

    (ほぼ)北緯40度の底力!フッカフカのヒザパウ当たり~♪

    ☆☆☆☆4 良かった!また来る! 【総評】 '16年2月24日(水)~25日(木) 約20年ぶり再訪。 全国的には殆んど無名だが、地元ではパウダージャンキーにはわりと知られたスキー場。リフトは少ないが、500mを優に超える滑走標高差を持ち、滑り応えは充分だ。また、風に強いスキー場でもあり、安比が猛吹雪でリフト全滅している時などは駆け込み寺として重宝されているらしい。 目玉は何と言ってもMAX37度の下倉の壁だが、カービングでぶっ飛ばすのにちょうどいい整地中斜面もあり、この地域特有のドライパウダーと相まって、北東北の実力を充分に堪能できるスキー場だろう。 緩、中斜面でゆったり滑りたい派の人には、リフト券共通、無料シャトルバスで10分のパノラマスキー場があり、両スキー場を合わせれば☆4.5を進呈しちゃってもいい(僕として唯一の減点はコブ斜面がないこと。ただし、下倉の壁は春にはコブができることもあるようだ)。 両スキー場のちょうど真ん中にありシャトルバスも停まる八幡平ロイヤルホテルでは、お手頃価格のリフト券付プランを出しているのでかなりお勧め。また、岩手県北バスでは、盛岡発着の日帰りバスパックを発売しているので、盛岡ステイのプランでも非常に行きやすい。 岩手のスキー場は安比と、せいぜい雫石くらいしか知らないよ~という人にもぜひ足を運んでもらって、北緯40度の実力を実感してほしいスキー場だ。 【ここが○】 ・場内放送の選曲が素晴らしい!!!! 全て洋楽。コレ、まず高ポイント。午前中はわりと爽やか目なポップソング。昼ごろ、元気な時間帯はレゲエやヒップホップありのダンスミュージック。とにかく気分がいいんです。のれるんです。まぁ、時間帯による選曲の違いはたまたまそう聞こえただけかも知れないが、センスの良さは素晴らしいと思った。 バカの一つ覚えみたいに邦楽の有線を延々と繰り返してるだけのスキー場は見習いなさい! 【天候・気温】 両日とも、薄曇り時々雪。昼過ぎ、ベースで-3℃くらい。夜間は-10℃近くまで下がってたらしい。 【雪質】 乾雪 【公表積雪深】 110cm 非圧雪部分でヒザパウ。 【リフト、コースオープン状況】 全リフト運行、全コースオープン。 【混雑状況】 平日。地元小学生らしき20人くらいのグループと自衛隊が少々。リフト待ちなし、コース混雑なし。下倉の壁にエントリーしてるのはほんの数人。 【上級コース状況】 ◇◇ダイヤモンドコース(下倉の壁)◇◇ 不整地。ほぼ喰い尽くされたヒザパウ。翌朝は、夜間の降雪でまあまあ回復、ただし面ツルにはならず。 とにかくフッカフカのドライパウダー。クラストなし。一部、削られた部分以外は底付きなし。よって、喰い尽くされていようが、他人のトラックと重なろうが関係なし。オーバーヘッドスプレーのパウダーラン。ただし、かなりの急斜面なので難易度は高い。転んでも全然痛くないから、雪まみれになって楽しもう。 ◇◇ホワイトコース◇◇ 整地。エッジが噛みまくる最高の雪質。とにかく気持ち良く飛ばせる。 ◇◇シルキーパウダーコース(中級)◇◇ 不整地。かなり綺麗に残ったヒザパウ。斜度はそれ程きつくないので、フワフワ浮遊感では下倉の壁より上。この快感は癖になるぞ。
  • 18

    3.73

    みやぎ蔵王七ヶ宿スキー場は、ファミリー向けのんびりした雰囲気のアットホームなスキー場の印象が強いが、その実は上部に上級者も満足な非圧雪のコースがあり、滑りごたえは十分。リフト4基にコース数は6本とバリエーションは少ないが、430mを超える標高差を誇る...

    • コース:6
    • リフト:4
    • ハーフパイプ
    • ナイター
    • キッズパーク
    • 託児所
    • 小学生以下無料

    たいして面白くないローカルスキー場?…とんでもない!

    ☆☆☆★3.5 意外といいぞ。条件が合えば充分楽しめる。 【総評】 2月2日、初訪問。 “みやぎ蔵王”の名を冠する五兄弟の中で、一番南の外れにあり、一番マイナーなスキー場。ぶっちゃけ、場所的には蔵王山とは何の関係もないのだが、他の四兄弟と一緒にがんばってプロモーションしてるようなので大目に見てあげよう。 近年のスキー場不景気の中でも、リフトやコースを廃止するでもなく、週末だけだが何とナイター営業までやってるので、意外と固定客がいるのかと思いきや、やはり平日は寂しくなるほどガラガラで、ある意味、存続していること自体不思議なスキー場でもある。 リフトは4基でコースバリエーションは少ないが、430mを超える滑走標高差はロコスキー場のレベルを遥かに超えた、立派な数値だ。 ファミリー、キッズ色を前面に出してはいるが決して真っ平らな初心者スキー場ではなく、上部の上級コースは滑り応え充分。空いていて、イヤというほど滑り倒せたので、掛け値なしに満足した。 大都市から遠く、集客は大変だろうが、ぜひこれからも存続してほしいスキー場である。もちろん、あの上級コースあって、の話だけどね。 【ここが○】 ・2本の非圧雪上級コースの存在。パウダーの競争率も低く、滑り応えは充分で、楽しい。 ・それ以外の下部のコースは、幅も広く、圧雪はカンペキ。ファミリーも安心して楽しめる。 ・スキー場のそこここで感じる「ようこそ!いらっしゃいませ!」的な雰囲気。まぁ、あくまで感覚的なものだが、客を大切にしている感じは非常に好感が持てる。 【ここが×】 ・公式ホームページが…素人丸出しのデザインもさることながら…あのいい加減なコースマップはちょっといただけない。現地で配布しているリーフレットは、デザインもコースマップも比べ物にならないくらいマトモなんだから、そっちのデータを使えばいいのに… 【天候・気温】薄曇り時々雪。10時頃ベースで-3℃くらいだったかな。 【雪質】乾雪。上級コースでヒザパウ。 【公表積雪深】105cm 【リフト、コースオープン状況】全リフト運行、全コースオープン 【混雑状況】平日。団体なし。ガラガラ。 【上級コース状況】 ◇◇中央コース◇◇ 不整地。喰い残しのヒザパウ。面ツルではないが、滑走者が少ないのでけっこう新雪が残ってる感じ。ただ、斜面への風当たりの影響だと思うが、雪が溜まる部分とそうでない部分がはっきり分かれる。新雪の付きにくい場所は硬めの下地にもろに底付きしてかなりバンピー。斜度はかなり急なので難易度は高い。雪付きのいい場所はフワフワのパウダーランを楽しめる。 ◇◇東チャレンジバーン◇◇ 不整地。かなり綺麗に残ったヒザパウ。このコースを下りてしまうと、一番下からリフト3本乗り継がないとリピートできない。その煩わしさもあってか、更に滑走者が少ない感じ。また、斜度は中央コースより緩いので、その分雪付きも良い。そのおかげで、新雪の残存率は高く、浮遊感満点のパウダーランを長い距離で楽しめる。良かったぞ。
  • 19

    3.71

    沼尻スキー場は、隠れ名スキー場という口コミが多く、全13コースがそれぞれバラエティにとんでおり、初級者から上級者まで満足させてくれる。ゲレンデは、ワイドな一枚バーンの下部ゲレンデと、無料大駐車場があり、メインチケットカウンターのある一本松クワッド...

    • コース:12
    • リフト:6
    • ハーフパイプ
    • ナイター
    • キッズパーク
    • 託児所
    • 小学生以下無料

    滑りやすい

    駐車場も近く、程よく空いていて滑りやすい
  • 20

    3.67

    月山スキー場は、超豪雪地帯に展開するスキー場で、冬の間は雪が多すぎてゲレンデオープンができないため、オープン期間は4月から7月となっている。日本で唯一の夏場でも滑ることのスキー場。大斜面にはコブ斜面もあり、楽しめる。中・上級者ばかりが練習に集まる...

    • コース:3
    • リフト:3
    • ハーフパイプ
    • ナイター
    • キッズパーク
    • 託児所
    • 小学生以下無料

    夏スキー場

    大斜面のコブは魅力的です。沢コースは、圧雪車が入るので初級者も滑れます。
  • 21

    3.61

    あだたら高原スキー場は、安達太良山の中腹に展開し、良質なパウダーが自慢のスキー場である。安達太良山の標高が高いので、シーズン中の積雪・雪質共に安定している。ゲレンデは上部に中上級斜面が広がり、下部に初級者向きの斜面がある。中級者には、スキー場競...

    • コース:8
    • リフト:5
    • ハーフパイプ
    • ナイター
    • キッズパーク
    • 託児所
    • 小学生以下無料

    天気が良かったのは午前中。午後は猛烈な吹雪。

    スキー場に向かっている途中の高速道路は横風注意の50キロ規制で車が横に振られながらの運転でしたのでゲレンデの状況は期待していませんでしたが、着いてみると天気は風もなく穏やかな晴れで期待していなかったゴンドラも運転していてきてよかった思いましたが、昼食を挟んで1時過ぎから風が出始めゴンドラは運休、リフトの一部も運休、それでも運転しているリフトは林の中にあり防風林の代わりとなり何とか運転をして、吹雪のためゲレンデは人も少なく吹き溜まりが深雪滑走となりそれなりに楽しめましたが、本当に風と寒さで今シーズンもっとも凍える滑走日でした。
  • 22

    3.61

    会津高原南郷スキー場は、ハーフパイプも備えるプロの設計によるフリーパークで人気の高いスキー場である。パークはレベルに応じて分けられており、大小さまざまなキッカーから多彩なジブアイテムが設置されている。ハーフパイプも数種類用意されているので、自分...

    • コース:10
    • リフト:3
    • ハーフパイプ
    • ナイター
    • キッズパーク
    • 託児所
    • 小学生以下無料

    初雪が降るかもと

    天気予報では 関東地方12月19日 もしかしたら雪になるかもと 予報していました 埼玉県越谷市 只今雨です 福島県 たかつえ だいくら 南郷と 毎年お正月の三が日に遊びに行きますが 南郷が一番降雪が多いですね 以前 さゆり荘に連泊し 車が雪の中に埋まってしまう事がありました そのうえ スキー場は 雪が多すぎ 滑りずらい そんなことがありました これで 乾燥も一息 風邪ひかないよう 気を付けましょう
  • 23

    3.59

    宮城蔵王すみかわスノーパークは、緩斜面中心のすみかわゲレンデと中斜面・急斜面中心のあとみゲレンデに分かれている。積雪量・雪質共に申し分が無く例年12月上旬から4月上旬までオープンしており、トップシーズンには連日のように良質のパウダースノーを満喫す...

    • コース:9
    • リフト:3
    • ハーフパイプ
    • ナイター
    • キッズパーク
    • 託児所
    • 小学生以下無料

    楽しめる人は限られるな…どう考えても

    ☆☆☆ 3 普通。条件が合えば楽しめるけど… 【総評】 1/24、初訪問。 みやぎ蔵王の名を冠する五兄弟のうち、最も高所にあり、最もアクセスが厳しく、最も気象条件が厳しく…その見返りとして最も雪質が良く、最もマニア向けなスキー場。パウダーボードやファットスキーを履いた人がやたら目につく。 ただ…。斜面の資質はお世辞にも優れているとは言えない。 彼らパウダージャンキーが(もちろん俺も含めて)楽しめるのは、最上部のあとみゲレンデのみ。その下のコースは、パークで遊ぶ人以外は、直滑降しかやることのない緩斜面だ。 そのあとみゲレンデにしたって、535mという短いリフト一本分の距離しかなく、決して文句なしのパウダーバーンという訳ではない。 それでも、あの雪質とパウダーランの魔力に憑かれた人々は、あの厳しい山道をせっせと登って通ってくるのだろう。 他に特徴的なことは、一般の観光客用に樹氷巡りの雪上車ツアーが出ていること。そして、それに便乗する形で、帰りは滑って下りてくるコースが設定されていることだろうか。 いずれにしても、マニア向けのスキー場だ。 【ここが○】 ・とにかく雪質。それに尽きる。 ・場内放送は全て洋楽。すばらしい。 【ここが×】 ・上記の通り… 【天候・気温】 雪時々曇。朝夕、ベースで-10℃。 【公表積雪深・雪質】 190㎝。乾雪。さらっさらのふわっふわ。 【リフト、コースオープン状況】 全リフト運行、全コースオープン。 【混雑状況】 平日。ガラガラ。 【上級コース状況】 ◇◇あとみA◇◇ ほぼ朝イチから滑ったので、ほぼ面ツルのモモパウ。まぁ、この快感を知ると、通い詰めるファンがいることも肯ける。最後、リフト乗り場に向かって登り返しがあるので、途中から直滑降しないと、止まる。公式には中級扱いだが、全面非圧雪でそれなりに斜度もあるし、完全な上級コースだと思った方がいい。 ◇◇あとみB◇◇ リフトを降りてからコースエントリーまで歩く。コース内は滑れる場所が限定されるので、美味しいパウダーはあっという間に食い尽くされる。やたら起伏が激しく、平らな場所では他人のトラックを辿って行ったほうがいい。ヘタに新雪に踏み込むと深すぎてすぐに止まる。で、埋まって身動き取れなくなる。まっさらなパウダーに、逆に憎悪すら感じるかも知れない(笑)アリ地獄のようなコースだ。 ◇◇あとみシャドー◇◇ 林の中をトレースする部分が多く、美味しい斜面は少ない。公式には中級扱いだが全面非圧雪。中級者がヘタに入りこんだら、新雪に埋まって動けなくなるだけだろう。
  • 24

    3.56

    網張温泉スキー場は、十和田八幡平国立公園の中に位置し、バリエーション豊富なコースレイアウトでローカルも人気のあるスキー場である。コースは縦に長く、上部には中急斜面が多く、下部にはワイドな緩斜面が広がる。山頂から山麓まで滑ると5,000mのロングランを...

    • コース:7
    • リフト:7
    • ハーフパイプ
    • ナイター
    • キッズパーク
    • 託児所
    • 小学生以下無料

    パウダースノー

    足が埋まるほどのパウダー滑れました。安くて雪質もよく温泉つき。おすすめです。
  • 25

    3.50

    八幡平リゾートパノラマスキー場は、緩・中斜面主体のゲレンデ構成で、ゲレンデ中央を走る2000mのクワッドリフトが特徴的なスキー場である。積雪・雪質共に申し分なく、トップシーズンには極上のパウダースノーを満喫することができる。比較的斜度は緩いので、初...

    • コース:7
    • リフト:4
    • ハーフパイプ
    • ナイター
    • キッズパーク
    • 託児所
    • 小学生以下無料

    ゆったり、まったり、とにかく快適

    ☆☆☆★3.5 上級者にはちょっと物足りないけど、こんなところがあってもいい。 【総評】 '16年2月25日(木)、初訪問。 岩手山の北斜面に造られたスキー場。ゲレンデは見事に真北を向いており、緯度が高い恩恵もあって、雪質は素晴らしい。 岩手高原スキー場のちょうど真裏にあり、標高も似たようなものなのに、斜面の向きでこれほど雪質に差が出るとは、ちょっとびっくりだった。 2kmのフードクワッドが真ん中をずどーんと貫き、このリフト一本でほぼ全てのコースをカバーし、どのコースへ行っても急斜面は一切ない。まさに初級者やファミリーには天国のようなスキー場だ。 中級以上の人は飽きちゃうかというとそうでもなく、コース端や休止リフト下にかなり広い非圧雪部分が残してあって、パウダー入門には絶好の場所だったりする。 それでも、こんなんじゃ物足りなーいという人は、リフト券共通、無料シャトルバスで10分の下倉へ行けば、イヤと言うほどカベを転げ回れるので、そちらへどうぞ。 という訳で、両方のスキー場を合わせれば☆4.5を進呈しちゃってもいいと思うのだ。 よほど視界が悪くない限り、何処にいても雄大な岩手山が望め、エリア全体に漂うゆったりとした雰囲気はまさに正統派リゾートそのもの。疲れず、急かされず、ガツガツせず…都会の喧騒を忘れて非日常を過ごすにはこの上ないスキー場ですね。 【天候・気温】 薄曇り時々雪。昼過ぎ、ベースで-3℃くらい。 【雪質】 乾雪 【公表積雪深】 95cm 非圧雪部分でスネパウ 【リフト、コースオープン状況】 第1ペア運休。全コースオープン。 【混雑状況】 平日。目立つ団体なし。リフト待ちなし。コース混雑なし。 【コース状況】 基本的には全て整地。コニーデCのコース端やコニーデBのリフト下などに非圧雪部分。意外にもフワフワしたパウダーランを長く続けられて気持ち良かった。
  • 26

    3.50

    岩手高原スノーパークは、岩手山の裾に広がる自然の地形を生かしたバラエティー豊なコースレイアウトのスキー場である。非圧雪エリアとオンピステのバランスが良く、ベースエリア付近にはワイドな緩斜面もあるのでレベル問わず楽しめる。積雪量・雪質共に申し分な...

    • コース:10
    • リフト:7
    • ハーフパイプ
    • ナイター
    • キッズパーク
    • 託児所
    • 小学生以下無料

    この日は可もなく、不可もなくってところかな

    ☆☆☆★3.5 普通。条件が合えば楽しめる。 【プロローグ】 僕のスキー場通いは、東京からクルマで行くことの方が圧倒的に多い。新幹線や飛行機を使った遠征はシーズンに1回あるかないかだ。今シーズンは既に1月に北海道遠征を果たし、2月には、これはクルマで行ったのだが、宮城山形遠征があり、これまでの傾向から言えば、もはや宮城以北に行くことなど考えられなかった。しかし。その宮城山形遠征の後、ちょっとした事情で、クルマは近距離、基本日帰りでしか使えなくなってしまった。それに加えて、暖冬少雪の影響は解消されず、群馬、長野、新潟、福島辺りではなかなか思うようなコンディションで滑れそうな日に当たらない。やはり、もう一発遠征に出るべきか。行くなら、今度は北東北だろう。北東北で効率よくスキー場のハシゴをするなら盛岡周辺以外にない。気が付くと、ネットや旅行代理店を回って新幹線+盛岡ステイのフリープランを調べ上げ、3泊4日滑り倒しの予定が出来上がっていた。 【総評】 '16年2月23日(火) 約20年ぶり再訪。 2㎞弱のゴンドラを中心に、気持ちのいい中斜面が割とストレートに走る、クルーズ志向のスキー場。滑走標高差は570mほどで、けっこう大きい。 '98年、岩手山の火山性地震で大損害を受け営業休止、ちょうどスキー人気低迷の時期とも重なり、誰もが廃業を覚悟した。7年ぶりに営業を再開したときは『奇跡の復活』とまで言われたらしい。 もろに南向きのため、どうしても暖冬の影響を受けやすく、この日も2月中旬の異常な暖気と降雨の影響からは回復しきれていないようだった。 非圧雪の上級コースは2本あるが、1本はクローズ、もう1本はボコボコの固い下地に底付きしまくりで、1回滑っただけで辟易するような残念な状況だった。 ベース前のメインゲレンデとなるシャモニー第2では、コース脇に長いラインコブが1本造ってあって、ちょうどいい遊び場になった。 2本の上級コースがフカフカパウダーの状態で滑れていたら、余裕で☆4以上の評価ができるポテンシャルを持ったスキー場だ。 【ここが○】 ・盛岡からのアクセスが良い クルマだとほんのひとっ走り、路線バスもちゃんと便利な時間帯に走っている。どうせなら盛岡からの日帰りバスパックも作ってくれたらいいのに。県北バスは安比と八幡平リゾートでバスパックやってるぞ。岩手県交通バスもここと網張でバスパック作りなさい! ・施設が綺麗 ・コインロッカーが1日出し入れ自由 コレ、公共の足で行く時はホントに助かるんです。 ・ゴンドラ乗降の際、係員が板を出し入れしてくれる コレ、ホントに助かるんです。地味だけど素晴らしいサービスです。 【天候・気温】 薄曇り時々雪。日中、トップで-2℃くらい。 【雪質】 残念、湿雪。あの、ジャガイモみたいな雪玉も多かった。 【公表積雪深】 100cm 【リフト、コースオープン状況】 第3、第4ペア運休。グルノーブル第1、クラックのためクローズ。グルノーブル第2も第3ペアが動いてないから滑れない。 【混雑状況】 平日。団体は自衛隊が少々。リフト待ちなし。コース混雑なし。
  • 27

    3.45

    グランドサンピア猪苗代リゾートスキー場は、標高1250mの頂上から猪苗代湖を望む絶景を楽しめるスキー場である。山頂までは高速6人乗りゴンドラ「スカイシャトル」でいっきにあがることができる。ゲレンデは、頂上からベースまでのロングランが楽しめる中級コース...

    • コース:9
    • リフト:4
    • ハーフパイプ
    • ナイター
    • キッズパーク
    • 託児所
    • 小学生以下無料

    良いスキー場です

    初めて行きましたが、良いスキー場です。 まず、アクセスが良い!インターから近く、スキー場までの道も整備されていて楽でした。 そして、スクールが充実しています。今回、年長児の6歳の子が初めてのスキーなのでスクールをお願いしましたが、楽しいレッスンだったようです。子供から大人までレッスンを受けている人がかなり多かったです。 大規模なスキー場ではありませんが、ゴンドラも有り、駐車場を含め施設の移動も少なく、スキーを満喫できます。
  • 28

    3.45

    黒伏高原スノーパークジャングル・ジャングルは、リフト3基に5つのコースとコンパクトなスキー場の印象があるが、1,000m超えのクワッドリフト2基で中上級者が楽しめるロングコースを楽しめるスキー場。E-1やW-3上部は非圧雪のバーンでパウダーも楽しめる上級者コ...

    • コース:5
    • リフト:3
    • ハーフパイプ
    • ナイター
    • キッズパーク
    • 託児所
    • 小学生以下無料

    イメージよりはるかに硬派なスキー場でした

    ☆☆☆★ 3.5 意外といいぞ! 【総評】 1/20、初訪問。 名称がねぇ…ジャングルジャングルだしねぇ…場内放送はヒップホップがガンガン、急斜面なんかろくに滑れもしないのに、飛んだり擦ったり回したりだけは得意なチャラいボーダーがウヨウヨ…見てるだけで吐き気を催すような最悪スキー場かも。そんな危惧を少しだけ感じながら行ってみたのだが…。なぁんだ、拍子抜けするくらいマトモじゃん。てか、硬派じゃん。 場内放送は普通のJ-POPだし(俺的にはヒップホップやレゲエでも、洋楽の方が良かったが…)、客層はボーダーもスキーヤーも上手い人が多いし、マナーもいいし…豪快な急斜面が意外と多いし、良いスキー場ですよ、ココ。…と、以上はあくまで平日のハナシですが。 眺めも悪くない。正面に黒伏山の岩峰がデーンとそそり立ち、遠くには真っ白い傘のような月山の幽玄な姿を望み…思わず写真を撮りたくなる。 トップの標高は1,030mであまり高くはないが、ゲレンデは北西向きなので意外と雪質は良い。滑走標高差は330mで、これまたあまり大きくはないが、意外と起伏のある複雑な地形で、ベースからは全容が見えないことから、実際以上に大きく感じる。そして、基本的には毎回、長いクワッドでその標高差をフルに滑ってくることになるので、滑走の充実度はかなりのものだ。 東根温泉では、かなりお得なリフト券付宿泊プランを出しているので、泊まりで行く人はチェックしてね。 【ここが○】 ・規模の割に豊富な上級コース ・中、緩斜面にも非圧雪部分がそこら中に残してあり、パウダー三昧。 ・駐車場からセンターハウスまではエスカレーター完備。 【ここが×】 ・コブがない。でも“コブ攻略キャンプ”なんてやってたりするくらいだから、ある時はあるのだろう。コブが滑れていたら、この規模のスキー場では破格の☆4評価でもよかったな。 ・わりと細かいコース分岐があるのだが、コースサインが不足。ま、何処を下りても迷子になることはないけど。 【天候・気温】 晴のち吹雪。昼、ベースで2℃。 【雪質】 乾雪。 【公表積雪深】 160㎝。非圧雪部分でヒザパウ。 【リフト、コースオープン状況】 全リフト運行、全コースオープン。 【混雑状況】 平日。自衛隊あり。コース混雑なし。リフト待ちなし。 【上級コース状況】 ◇◇E-1◇◇ 不整地。幅が広いのでコース端ではかなり綺麗なパウダーが残っていた。 ◇◇W-3上部◇◇ 不整地。幅が広いのでコース端ではかなり綺麗なパウダーが残っていた。 ◇◇ツリーランコース◇◇ 公式には中級表示だがかなり急な起伏があって完全な上級コース。コース入口に表示が何もなく、先行者のトラックがないとたぶん分からない。もちろん不整地。
  • 29

    3.45

    みやぎ蔵王白石スキー場は、不忘山の山麓に自然の地形をうまく生かしながら展開する全7コースのコンパクトなゲレンデながらもコースがバリエーションが豊富でどんなレベルの人でも楽しめるスキー場である。積雪量・雪質共に申し分なく、トップシーズンには良質の...

    • コース:7
    • リフト:4
    • ハーフパイプ
    • ナイター
    • キッズパーク
    • 託児所
    • 小学生以下無料

    歓喜のパウダーランか?腿パンパンか?

    ☆☆☆★ 3.5 意外といいぞ。条件次第ではリピートもあるかも。 【総評】 1/25、初訪問。 みやぎ蔵王の名を冠する五兄弟の中で、一番ファミリー、キッズ色を前面に出している感じのスキー場、だろうか。(イヤ、七ヶ宿もその手合いなんだが、如何せん知名度が無さすぎるからね(笑)) ところが。そのイメージに反して、奥に控える上級コースはパウダー満載、手応え満点。予想を遥かに上回る面白いスキー場だった。 ただ、あまり標高が高くないのでやはり雪質はやや重め。一応乾雪ではあるが、トラックが入ると固くなる。底付きしてバンピーな急斜面は、即、腿パンパン。歓喜のパウダーランは、寒気と降雪の条件が整った時だけのご褒美なんだろうな。一方、パウダージャンキーがこぞって押し寄せるようなスキー場ではないので、条件さえ良ければ、競争率はそんなに高くないだろう。 残念なのはコブがなかったこと。パンフレットのコースマップには、Aコースの上部に“こぶ”と書いてあるが、当日は影も形もなし。これでちゃんとコブができていたら、この規模のスキー場では破格の☆4評価でもよかったのにな~。 【天候・気温】 晴れ間も曇りも雪も全部あり… 朝夕、ベースで-5℃。 【公表積雪深・雪質】 150㎝。ちょい重めの乾雪。 【リフト、コースオープン状況】 全リフト運行、全コースオープン。 【混雑状況】 平日。地元の高校と小学校のスキー授業あり。自衛隊あり。リフト待ちなし。コース混雑なし。 【上級コース状況】 ◇◇Bコース◇◇ 基本的に不整地。ほぼ喰い尽くされたパウダー。コース中央に圧雪ラインらしきものが入っていたが、殆んど新雪に埋もれていた。 ◇◇Cコース◇◇ 不整地。Bよりはるかにキレイに残ったパウダー。コース端では最後までフワフワ浮遊感のパウダーランを楽しめた。 ◇◇Dコース◇◇ 不整地。割とキレイに残ったパウダー。ただ、かなり急斜面なので、新雪はすぐに削られてしまって、底付きする。滑り出しの数本はかなり美味しいパウダーバーンだった。 ◇◇Eコース◇◇ 半面整地、半面不整地。不整地は喰い尽くされたパウダー。
  • 30

    3.43

    たざわ湖スキー場は、眼下に田沢湖のダイナミックな絶景が広がり、まるで田沢湖に滑りこむような感覚が人気のスキー場である。ゲレンデは、秋田駒ケ岳の山肌に展開し、整備の行き届いた圧雪バーンから未圧雪バーンでの深雪、コブ斜面、パークと多彩なバリエーショ...

    • コース:13
    • リフト:6
    • ハーフパイプ
    • ナイター
    • キッズパーク
    • 託児所
    • 小学生以下無料

    田沢湖がきれいでした

     2年ぶり田沢湖でしたが3月の中旬で雪については期待していませんでしたが、それでも重い雪でしたが20cmくらいは積もったようで急斜面の黒森ゲレンデを思いっきり滑りました。また午前中は快晴で田沢湖も見えきれいでした。午後からは天候が吹雪、視界不良とめまぐるしく変わりましたが逆に軽い新雪が補充され充実した滑走ができました。  2年前は中国人やら韓国人が大勢いて日本のスキー場という感じがしませんでしたが平日だったせいか日本語しか聞こえませんでした。(それでも宿泊した雫石プリンスホテルでは中国語が飛び交っていました)
  • 31

    3.39

    小野川温泉スキー場は、最大斜度17度の緩斜面中心でコース幅の広いファミリー向けスキー専用ゲレンデである。ビギナーやファミリーが安心して堪能できる様々な条件が合わさっている。米沢市街地から車で30分ほどの好アクセスなこともあり、週末には地元のファミリ...

    • コース:1
    • リフト:1
    • ハーフパイプ
    • ナイター
    • キッズパーク
    • 託児所
    • 小学生以下無料

    SNOW NIGHT ONOGAWA

    日時 2月18日(金)午後6時~午後9時まで 料金 リフト料金無料 イベント内容 たいまつ滑走デモンストレーション        ナイトスキー体験&ナイトトレッキング        甘酒無料振る舞い(先着200人)        お土産販売 楽しそうなイベントです!
    • 4.0

    • 2011/02/17
  • 32

    3.38

    山頂からのロングコースと独立した3つのコースを擁するスキー場。上級者向けには降雪時のスネークコースからロデオフィールドがオススメで、最高のパウダーランを楽しむことができる。ただ、標高がそれほど高くないので、降雪時を狙っていくのがよい。林間コース...

    • コース:8
    • リフト:6
    • ハーフパイプ
    • ナイター
    • キッズパーク
    • 託児所
    • 小学生以下無料

    今のままでは“滑る楽しみ”を見い出せない…

    ☆★1.5 うーん…もう行かなくてもいいかな… 2月4日、初訪問。 かつてはゴンドラもあり、品のいいホテルと難易度の高いコースとが相まって上級者の支持を集め、堂々メジャースキー場の様相だったようだが(当時行ったことはないから、その頃のスキー場ガイド誌の受け売りだが)…今はちょっと…見る影もない…感じかな。 スキー場不景気の影響なのか、ゴンドラの運行がなくなり(ゴンドラ自体は残っていてグリーンシーズンには営業してる)、鍋倉ピーク(ゴンドラ山頂側)のコースやディアロード(ゴンドラ寄りにあったもう一本の下山コース。上級者オンリーの急斜面)が廃止され、何というか…とにかく中途ハンパな印象で、“楽しめるコース”がない、というのが正直なところだ。 フォレストロードは、標高の恩恵で雪質も眺めも良いのだが、如何せん上部のコースは今やこの一本しかないのでどうしても人が溜まる。サイドスリップもろくにできないようなボード初心者の団体までもがレッスンに来る始末で、平日でもストレスを感じる。もちろん圧雪してあるが、午後にはかなり荒れてくる。 スネークロードは長い非圧雪の急斜面で、それなりに上級者ゴコロを刺激してはくれるが…前夜も多少の降雪はあったようだが…あまり雪付きが良くないのか、とにかく荒れた下地に底付きしまくり。疲れるだけで楽しくないのだ。深雪を楽しもうと思ったら、多少のリスクは承知の上でリフト下や林に入るしかないが、こういうところは良いラインが長続きせず、ブツ切れの滑走になってしまう。下部は「コブが楽しめる」とパンフやHPには書いてあるが羊頭狗肉もいいところ、実際はコブなど全くない。ウソ書くな。実際は、少なくともこの日は、荒れた不整地が続くだけで…面白くなかった。 ロディオフィールドは、唯一、まともな浮遊感を得られたコースだ。ただ、スキー場下部にあるので雪質は期待できず、この日は気温が上がってしまったため、昼過ぎには、握ると見事なダンゴになる湿雪だった。 ラビットロードではちょっと信じ難い光景を目にして、このスキー場の印象を更に悪くした。修学旅行(?)の高校生の団体が来ていたのだが、その中のボード初心者の男子グループがこの狭いコースをサイドスリップの一列縦隊でズルズル下りてゆくのである。あんなもん、一般客にしてみたら邪魔で邪魔でどうしようもないだろう。女の子のグループに至っては、全員板を手に持って歩いて下りている。もちろん、どっちもイントラの引率のもとでだ。あれじゃやらされてる彼女たちだって楽しくないだろうし、呆れ果てたものだ。そもそも「頑張って練習して、上達すればこそ滑れるコースも広がる」というのがスキーやボードの醍醐味であるはずなのに、滑れもしない初心者を上のコースに連れてって、揚句あんな真似をさせるイントラの不見識には怒りすら覚える。これにしたって、ゴンドラと鍋倉側のリフトさえやっていればゴンドラで下山させることができたのに…と思ったのは言うまでもない。 …ゴンドラの休止やコースの縮小は、もちろん百も承知の上で、それでも行ってみたのは、現状でも700mくらいある標高差とそこそこの規模、知名度に期待を抱いたからである。が、実際は見事に期待はずれ、と言うか、危惧した通りと言うか…。残念な結果に終わってしまった。 今のままでは、少なくとも僕にとっては何の魅力もなく、二度と行くことはないだろう。 ゴンドラと鍋倉ピークが復活したら?もちろん、行きますよ。
  • 33

    3.36

    裏磐梯スキー場は、磐梯山の北斜面に位置する見渡しやすいワイドな一枚バーンを利用した全コース3本のコンパクトなスキー場である。安全なキッズパークや500mのチュービングコースなどを設置しファミリー層や初級者層が楽しめるよう配慮されている。第3ロマンスリ...

    • コース:3
    • リフト:3
    • ハーフパイプ
    • ナイター
    • キッズパーク
    • 託児所
    • 小学生以下無料

    磐梯山と湖の両方の絶景が見れます!

    コンパクトなスキー場で、初級者コースが主なため、シーズン滑りはじめの足ならしにちょうど良い。混んでいないので安全に自分のペースで滑れます。ベースの緩斜面は広々としているので、特に家族連れにはいいと思います。子供のスキー&スノボレッスンにも適しています。経営元の「裏磐梯高原ホテル」は皇室御用達だけあって、部屋もキレイで料理も大変美味しいです。温泉も露天風呂付で広くて清潔で気持ちいいです。ここに宿泊すれば、1日リフト券が滞在中無料です。
  • 34

    3.36

    岩手の奥中山高原スキー場は、自然の地形を生かした多彩なバリエーションの全11コースのスキー場。上部エリアに中上級コースがあり、下部エリアには初級コースと住み分けがしっかりされている。岩手の雪深いエリアでトップの標高が1018mと高く、ベース標高650mま...

    • コース:10
    • リフト:5
    • ハーフパイプ
    • ナイター
    • キッズパーク
    • 託児所
    • 小学生以下無料

    THE 脇パウ天国!!

    ☆☆☆☆★ 4.5!! 大満足!再訪確定! 【総評】 '16年2月26日、約20年ぶり再訪。 星の数、付け間違いじゃないですよ。 岩手の、スキー場密集地帯から外れた、全国的には知名度ほぼゼロの、標高差360mほどでそんなに大きくもない、ゴンドラも高速リフトもないロコスキー場が…破格の☆4.5評価とは…! ごちゃごちゃノーガキは垂れますまい。以下、ご覧あれ。 【ここが○】 ・THE 脇パウ天国! 晴れ間ものぞくいい天気、なのに、フワフワフカフカパッフパフ~♪のパウダーラン三昧。 つばめ、しらかば、やまばと各コースの脇(疎林帯)は殆んど面ツルのヒザ上パウダー。木々の間は結構広く、ブッシュはなく、滑れるラインはいくらでもある。もちろん公式にはコース外滑走禁止だから、この辺の遊びはグレーゾーンなのだが、そこは田舎ののんびりスキー場。ロープやネットの仕切りも緩く、誰に文句を言われる訳でもなく、好き勝手に遊ばせてもらった。もちろん、何かあったら自己責任は承知の上で。 もともとコース自体非圧雪のつばめ、やまばとは、コース内にもかなり綺麗な新雪が残っていて、やっぱりパウダーラン三昧。丸一日、好天の日にこれほどパウダーと戯れたのは初めてかも知れない。 ・いわて銀河鉄道(以下、IGR)の『温泉・スキーきっぷ』 至れり尽せり、まさに日帰りスキー企画の見本のような商品。地元だけでなく、僕のように遠方から新幹線+盛岡ステイで来る人間にも使い勝手満点。知らなきゃもったいない。 盛岡(他、IGR沿線各地から出発設定あり)⇔奥中山の往復電車賃、奥中山駅からスキー場までの路線バス、リフト1日券、温泉入浴券、激ウマジェラートの割引、レンタル割引…これだけ揃って、盛岡発着なら3,600円という激安価格。さらにこの切符で感服したのが、朝や夕方の路線バスがない時間に、スキー場が送迎バスを用意してくれること。これほどまでに利用者のニーズを汲み取り、実現させてくれた関係者の努力には最大級の感謝と賛辞を捧げます。地元密着を掲げる3セク鉄道だからこそ実現できた企画だろう。素晴らしいです。 僕は、夕方の送迎バスを頼んで帰って来たのだが、そのあと新幹線に乗り継いで、余裕で東京まで帰れるのだから便利なもんですよ、つくづく。 電車やバスの時刻や詳細はIGRのHPをチェックしてね。 【天候・気温】 晴れ、時々薄曇り。終日風花(かざはな・晴れていても雪がちらちら降ること)。昼過ぎ、ベースで-2℃くらい。 【雪質】 日当たりのいいごく一部の斜面のみ湿雪。他は乾雪。 【公表積雪深】 90cm。非圧雪部分でヒザ上パウ。 【リフト、コースオープン状況】 第1リフトのみ運休。全コースオープン。 【混雑状況】 平日。団体なし。ガラガラ。
  • 35

    3.33

    あつみ温泉一本木スキー場は、自然の地形を生かした、平均斜度12度のビギナーやファミリー向けの中斜面と、32度のエキスパートやベテラン向けの2コースから構成される。地域的に豪雪地帯ということもあり、積雪・雪質共に安定しており、トップシーズンには積雪量...

    • コース:2
    • リフト:1
    • ハーフパイプ
    • ナイター
    • キッズパーク
    • 託児所
    • 小学生以下無料

    ナイター完備

    ナイター完備で、リフトもロッヂも綺麗です!! ゲレンデは広いとは言えませんが… 整備された二連キッカーやアイテムがいろいろあります。 混雑はほとんどありませんので、コソ練には最適です。 2012年2月19日(日)にはスノーボード、フリースタイルスキーの大会もあります。 二連キッカーによるエアジャムセッション… その名も 『ポンギジャム2012』 協賛店により、豪華な賞品をご用意しとります。また当日は地元アーティストによるライブも予定!出場者以外も必見です。 審査員特別賞は難易度だけでなく…スタイルを重視!!ベストドレッサー賞も有り!しかも賞品は豪華 エントリーは、必要事項【・お名前・ご住所・連絡先(電話番号)・性別・スノーボード、スキー歴】を書いて、メール【trapstar02@gmail.com】からどうぞ!! 日時 2012年2月19日(日)am8:00から受付開始!! 場所 もちろん【あつみ温泉一本木スキー場】 エントリー費 3,000円(リフト代込み) 協賛店 スーパースポーツゼビオ三川店 コカコーラ ボーダーズハウスSTUMP パワーサーフ 匠家 gaudy ハヤシワックス 東北明販株式会社 SHUSHUHAIR 佐藤タイヤ商会 漁船丸石丸 佐々木輪店 あつみ温泉一本木スキー場…etc ポスター(PDF) http://www12.plala.or.jp/satotire/pongijam2012x.pdf TRAPSTARホームページ http://30.xmbs.jp/trapstar/
    • 5.0

    • 2012/01/12
    • 136
  • 36

    3.31

    夏油高原スキー場は、北向きの斜面に展開され、トップシーズンには例年4m以上の積雪がある豪雪地帯にあるスキー場である。ゲレンデは尾根を中心に横に広がるレイアウトに、初級から上級コースまでバランスよく展開されている。全14コースをゴンドラ2機と高速クワ...

    • コース:14
    • リフト:5
    • ハーフパイプ
    • ナイター
    • キッズパーク
    • 託児所
    • 小学生以下無料

    滑らず帰宅

     週末の大雪で新雪・深雪が楽しめるかと思ったら、この日は暴風雪でゴンドラが止まり、リフトのみの運行で目的の新雪・深雪滑走が出来ず滑走せず帰宅しました。  麓は晴れていて穏やかだったのですが上に行くほど風が強くなり駐車場について頃には吹雪いていましたがそれでも我慢できる範囲でしたが山頂は大荒れのようでゴンドラは運行中止のため収納している最中でした。もともとトップシーズンは豪雪と強風のスキー場なのでゴンドラとフード付きクワッドリフトを設置しているのでその辺はしょうがないのですが、やはり短いリフトだけの運行となると滑りに来た意味が私的には9割方無くなるので残念です。次は天候の落ち着く3月に行きたいと思います。
  • 37

    3.29

    みやぎ蔵王 セントメリースキー場は、ゲレンデの中を山形自動車道が貫通する一風変わったレイアウトが特徴。コースは、縦に長く、標高950mの頂上付近から順番に上級者コース、中級者コースが続き、下部に初級者向けコースがある。コース数は多くないが、上級者コ...

    • コース:4
    • リフト:5
    • ハーフパイプ
    • ナイター
    • キッズパーク
    • 託児所
    • 小学生以下無料

    やはりナイターメインのスキー場

     平日の2月28日に昼からセントメリーに7時間券(のはずなのになぜか+40分が加算。後に判明。)で10数年ぶりに滑りに行きました。  その当時は通常のナイター営業でたしか23時くらいまで営業(今は22時までのようです)し、且つ仙台市内から高速道路つかえば30分くらいで最寄の笹谷ICから1、2分で到着する便利さにもかかわらず2、3回くらい訪れたくらいでお気に入りのスキー場と言うほどではありませんでした。  今回は初めてデイタイムだったので最上部のコースを滑れると思ったのですが「強風のため見合わせ」の表示、結局ナイター営業と変わらないコースをひたすら滑ることになり、テンションダウン状態でした。  コースコンディションとしては日中は気温が高く湿雪のゆるい圧雪状態で、しかも平日の客の少なさと比較的コース幅もあるので結構滑りやすかったです。しかし日が落ち気温が下がりだすと荒れたアイスバーンの最悪の状態になり非常に滑りにくくなったあたりで17:00でデイタイム終了とナイター営業が17:30からのアナウンスが流れましたが「そもそもデイタイムは時間券しかないし、今日は日中もナイターも滑るコースも乗れるリフトも変わらないのにアナウンスの意味がないじゃねぇ?」と内心思い、まだ時間券の残りも結構あるけどコースが荒れて滑りにくく、しかも飽きたのでいのでラスト1本と決めリフト乗り場にいくと入り口がクローズ?、つまりアナウンスの30分の差がスタッフの休憩とコース整備の時間になっていたことをここで初めて知り、7時間券の+40分の意味を理解することになりました。  コース整備が完了後に再び滑りましたが、整備はやるだけやったといった印象で見た目フラットに見えても段差が目立ち、圧雪車で圧雪したギザギザ状態でアイスバーンになっていたので足にすごい振動が伝わり、日中の滑りの疲れも加わり3、4本滑って帰りました。  スキー場全体のイメージとしては、仙台市内からの客を見込んだナイタースキー場という感じを改めてうけました。実際に日中よりもナイターの方が客が多くいました。高速道路の上と下を滑るゲレンデのため標高の他のスキー場よりは低く、降雪量も多くなく日中は気温が高く湿雪、ナイターはアイスバーンになり易い印象でしたのでナイターで初心者がスノーボーで滑るには厳しいスキー場かと思います。(過去に2、3回しか行かなかったのもこれが理由の1つだったかもしれません。しかも当時と比べるとナイターの客自体、相当減っており駐車場も正面の50台も止めれない場所で間に合っていました)
  • 38

    3.29

    スプリングバレー泉高原スキー場は、仙台市内から40分のアクセス、泉ケ岳の北側斜面に位置するので雪質もよく、そして22時まで営業のナイターが特徴。コンパクトなゲレンデレイアウトながら、初級者から上級者まで楽しめる要素が全て揃っていると言える。初心者に...

    • コース:10
    • リフト:4
    • ハーフパイプ
    • ナイター
    • キッズパーク
    • 託児所
    • 小学生以下無料

    近い!!

    仙台の街中から車で40分くらいで着くから手軽に行ける! コースは少ないけど、アトラクションも多く、 楽しめるゲレンデ! 1シーズンに何回でもいける!!
  • 39

    3.28

    二本松塩沢スキー場は、二本松ICより20分とアクセスが非常に良い、ファミリーや初心者向けのスキー場である。ナイターが夜22時までやっており、そのアクセスの良さから地元の方も仕事帰りに訪れるスキー場でもある。

    • コース:4
    • リフト:2
    • ハーフパイプ
    • ナイター
    • キッズパーク
    • 託児所
    • 小学生以下無料

    穴場的スキー場

    リフトは2本、コースも3つ位しかない凄く小規模なスキー場ですがゲレンデ整備もしっかりしており、ナイターも22時くらいまでやっており、なんといっても他の周辺のスキー場が吹雪いてもここだけは大丈夫な場合の可能性が高いスキー場なので個人的には好きなスキー場です。
  • 40

    3.25

    コースのほとんどが1,000m前後の長い距離を滑れるゲレンデ。中でも、1,300mの緩斜面が続くパノラマコースは、初級者でもロングクルージングを楽しめます。チャンピオンコースの他、クロスコース・スノーパークもあり上級者も飽きることなく楽しんでいただけます...

    • コース:7
    • リフト:2
    • ハーフパイプ
    • ナイター
    • キッズパーク
    • 託児所
    • 小学生以下無料

    パフォーマンスが良い

    ナイターがとても綺麗なスキー場です。 16時までの1日券も価格が安く良いスキー場だと思いました。
  • 41

    3.25

    リステルスキーファンタジアは、リフト2基のコンパクトなスキー場。ゲレンデ左手の斜面にコースが展開され、正面のワイドな緩斜面に合流するようになっている。モーグルの世界選手権が開催されるスキー場としても有名。競技は一番奥にあるダフィーコースで開催さ...

    • コース:6
    • リフト:3
    • ハーフパイプ
    • ナイター
    • キッズパーク
    • 託児所
    • 小学生以下無料

    2/8、1泊でスキーに行きました

    リステル猪苗代に1泊でスキーに行きました。8日(日曜日)は道路に雪が無くスイスイとスキー場に到着しました。なだらかなコースのリステル猪苗代。2月のハイシーズンで家族連れが多く、雪も多く締まっていて楽しくスキーが出来ました。翌日もスキーの予定でしたが今年最大の寒波到来もあり朝から雪でスキーを諦めてリゾートホテルを満喫してきましたよ。3/1、は ワールドカップ モーグル大会猪苗代がありますが、まだ準備は何もしてなかったですね。
  • 42

    3.25

    蔵王ライザワールドは、蔵王連邦の西側斜面に展開されるスキー場。リフト3本に全6コースの縦長のゲレンデ。ベース標高が1,000mを超えており、樹氷原が楽しめます。標高の高さから積雪・雪質共に申し分なく、良質のパウダースノーを楽しめるスキー場としても知ら...

    • コース:6
    • リフト:3
    • ハーフパイプ
    • ナイター
    • キッズパーク
    • 託児所
    • 小学生以下無料

    悪くはないけどシゲキが足りない

    ☆☆☆   普通。条件が合えば楽しめる。 【総評】 1/19、初訪問。 リフトは縦に3本、滑走標高差は380m弱、規模的には中の小、といったところか。上部の標高は約1450m、樹氷原に届くくらいだから雪質は非常に良い。 ただ、ホントに普通過ぎちゃってシゲキがないんです、このスキー場(笑)。もっと非圧雪部分を増やしたり、ツリーランエリアを造ったりしてパウダー好きにアピールすれば面白くなると思うんだけど… まぁ、樹氷をはじめ、良好な自然環境の中でのんびり滑るには悪くないスキー場ですね。 あと、施設は総じて綺麗で好感が持てます。 【天候・気温】 晴~小雪  昼、ベースで-3℃くらい。 因みに、樹氷はまだまだできかけ。 【雪質】 乾雪。非圧雪部分はちょっとクラスト気味のスネパウ。 【公表積雪深】 145㎝。 【リフト、コースオープン状況】 全リフト運行、全コースオープン。 【混雑状況】 平日。地元学校のスキー授業あり。コース混雑なし。リフト待ちなし。 【上級コース状況】 ◇◇お清水ゲレンデ◇◇ 基本的には整地。上部リフト下あたりに非圧雪部分。中間部リフト沿いにできかけのラインコブ。小さなポールが立ててあって“ハイ、皆さん滑って、掘ってくださいね~”という状況。ちゃんとしたコブには育ってなかったから滑らなかった。もし此処でちゃんとしたコブを喰えていたら☆ひとつ増やしても良かったのに… ◇◇青い鳥コース◇◇ 整地。カービングでぶっ飛ばすには気持ちいいけどちょっと距離が短いかな。
  • 43

    3.25

    八甲田スキー場は、十和田八幡平国立公園内の北部に位置する日本有数の規模を誇る山岳スキー場である。例年、11月下旬~5月中旬と約半年スキーを楽しむ事ができ、トップシーズンには積雪量が4mを超える。山頂部には美しい樹氷がひろがり、この樹氷の間をダイナミ...

    • コース:5
    • リフト:3
    • ハーフパイプ
    • ナイター
    • キッズパーク
    • 託児所
    • 小学生以下無料

    海と樹氷が楽しめます!

    ロープウェイで山頂に行けば津軽湾が一望でき、おまけにきれいな樹氷が山全体に広がってます。滑りだしは傾斜がキツイけどそれを越えれば、きれいな林間コースを楽しめます。八甲田ホテルに泊まりましたが、雰囲気も部屋も快適です。有名な酢ヶ湯温泉とスキー場への送迎もあり重宝しました。 帰りは青森駅へ。ホタテをたくさんいただきました。他の東北のスキー場とは一風変わった魅力のあるところです。
  • 44

    3.21

    ジュネス栗駒スキー場は、「誰もが楽しめる優等生ゲレンデ」と推す声が多い。裾広がり型のゲレンデに自然の地形を生かしたバリエーション豊富な全11コースにクワッド2本の機動力あるゲレンデレイアウト。初級者やファミリーに最適なワイドな緩斜面がベースエリア...

    • コース:11
    • リフト:4
    • ハーフパイプ
    • ナイター
    • キッズパーク
    • 託児所
    • 小学生以下無料

    誰もが楽しめる優等生ゲレンデ

    ☆☆☆★ 3.5 ほぼ満足 【総評】 1/22、初訪問。 とにかく広いオープンバーン、気持ちのいい中斜面、機動力のある2本のクワッドリフト、上級者も満足の非圧雪急斜面、ラインコブ、安いリフト料金…期待以上の楽しいスキー場だった。 ま、上記の通りほぼ満足だったワケですが、敢えて難点を上げるとすると… 【ここが×】 ▼雪質はあまり良くない トップの標高が770mしかないのでやはり雪はちょっと重め。この日は終日吹雪だったが、下部のコースは握るとダンゴになる完全な湿雪だった。残念ながら☆-1。上部は完全な乾雪。やはり緯度が高い恩恵だろう。 ▼公共の足がない けっこう人気あるんだから、湯沢か十文字あたりからシャトルバスがあってもいいと思うのだが…。 【天候・気温】 吹雪。昼頃、ベースで3℃、トップで-2℃くらい。 【雪質】 上部、乾雪。下部、湿雪。 【公表積雪深】 75㎝。非圧雪部分でスネパウ。 【リフト、コースオープン状況】 全リフト運行、全コースオープン。 【混雑状況】 休日。第2クワッドに数分の待ち(シングルレーン有)。その他のリフトは待ちなし。コース混雑なし。上級コースはガラガラ。 【上級コース状況】 ◇◇レブコース◇◇ 不整地。かなり綺麗に残ったスネパウ。それほど急な斜面ではないので雪付きは良く、底付きしない浮遊感満点のパウダーラン。降り続く雪のおかげで夕方前には、コース端は殆んど面ツル状態にまで回復。一日を通じてウハウハのパウダーバーンだった。 ◇◇モールコース◇◇ 不整地。喰い尽くされたパウダー。かなりの急斜面で、コース中央の新雪は削られて底付きする。それでもコース端はわりときれいな新雪が残っていて、浮遊感は充分に感じられた。 ◇◇エルコース(中級)◇◇ 整地。リフト寄りにラインコブが1本。ピッチ、深さ、ふり幅、固さ、斜度…全てにおいて標準的な滑り易いコブ。コブ入門にはまさに理想的。コブ上級者なら余裕で完走できる。
  • 45

    3.17

    ファミリースノーパーク ばんだい×2スキー場は、リフト2本で緩斜面と中斜面主体の6コースからなるコンパクトなスキー場である。下部2リフト沿いには、初心者向きの緩斜面が広がるので、初めてリフトに乗る人や練習には最高の環境である。上部リフト沿いには、中級...

    • コース:6
    • リフト:3
    • ハーフパイプ
    • ナイター
    • キッズパーク
    • 託児所
    • 小学生以下無料

    マニアックでしょ~

    猫魔の帰り際についでに来ました。 来客の99.9%はスキー学校の方々。 (0.1%は私ね) かなりの場違い感です(^^;; リフトは2本、すご~くユックリです。 この記事を書いてアップできる位。 上部はチョイ急、下部は緩斜面。 プルークがちゃんと出来た子は、 上側でレッスンを受けてました。 圧雪もばっちりで、休日でも 恐らく混雑はしないだろうから 何気に大人の初心者にも、 向いてると思います。
  • 46

    3.14

    三ノ倉スキー場は、緩斜面と中斜面で構成されているコンパクトゲレンデで、ファミリー層向けのスキー場で、毎年のようにスキーやボードの大会や、多彩なイベントを開催している。比較的に週末でも空いており、レストラン待ちや、リフト待ちなどをしなくていいのも...

    • コース:3
    • リフト:2
    • ハーフパイプ
    • ナイター
    • キッズパーク
    • 託児所
    • 小学生以下無料

    今シーズン営業変更

    今シーズンは昼間(日中)毎日営業しています。 逆にナイターは火水木のみ! 
  • 47

    3.14

    山形県の天童市中心部からもほど近いところにある天童高原スキー場。緩斜面と中斜面が中心の、ワイドなゲレンデが特徴。ペアリフト2基で、6本のコースをカバーしている。トップの標高690mで標高差90mほどのバーンで、最大斜度も22度とまさに初中級者向けのスキー...

    • コース:6
    • リフト:2
    • ハーフパイプ
    • ナイター
    • キッズパーク
    • 託児所
    • 小学生以下無料

    視界不良

    小さい子供のスキーデビューに滑りやすい簡単なコースがある天童高原へ1月30日に出かけてきました。  雪質はサラサラのスノーパウダーで子供は転んでも痛くなく大喜びでした。午後には霧がかかり視界が悪く前方コースがほとんど見えないために子供達はドキドキしながら下へ滑り降りてました。  簡単なコースなので子供の練習場所には最適ですよ。
  • 48

    3.08

    やまがた赤倉温泉は、大森山の北斜面に展開するために、積雪・雪質共に申し分が無い。コースは、キッズゲレンデから急斜面など多彩なコースバリエーションでビギナーからベテランまで幅広い層に対応しており、ファミリー向けのサービスや施設が充実していることか...

    • コース:5
    • リフト:3
    • ハーフパイプ
    • ナイター
    • キッズパーク
    • 託児所
    • 小学生以下無料

    豪快!直球一本勝負

    ☆☆☆★ 3.5  けっこう良いぞ。条件が合えば充分楽しめる。 【総評】 2月3日、初訪問。 首都圏の人間にとって(というか、地元以外は全部??)「赤倉で滑ってきた」と言えば100%妙高のアレを指すだろうが…山形にもあったんですねぇ。 このスキー場は、僕が参考にしてる幾つかのサイトで“知名度は無いが単なるロコスキー場じゃない!”と紹介されていたので、以前から気にはなっていた。県境を越えてまあまあ近いところにオニコウベもあることだし、んじゃこの際両方滑ってきちゃおうかと、はるばる足を向けた。 で、まず驚いたのがその盛況ぶり。行ったのは平日だが、一般客はもちろん、地元っぽい高校生の団体や自衛隊なんかも来ていてホントに賑やかだった。ベース前のペアリフトはA線B線が並列に架かっているのだが、滑り出しの時間帯や昼メシ後暫くは両方回していた。並走リフトを平日に両方回しているトコなんて、最近ではメジャースキー場でも滅多にないのだから大したものだ。ま、リフト自体少ないから、どうしても人が集中しちゃうってのもあるけど。 ゲレンデは見事に真北向き。なので、緯度も標高も中途ハンパな割には雪質はいい。滑走標高差はジャスト300mで大きくはないが、無駄なタラタラ斜面は一切なく、上から下まで中斜面と急斜面が断続してズトーンと下りてゆくので全く不足を感じない。なるほど、国体をはじめ各種競技会に使われているだけのことはある。 コースは、リフトの両側をほぼストレートに下りてくる2本でほぼ全て。単純明快な直球勝負の構成だ。コースバリエは無いに等しいので、じゃあ飽きちゃうかといえば決してそうではなく、この2本のメインコースには、緩急あり、意図的に残した非圧雪部分あり、パークありで色々遊べるのである。で、僅かに変化球的にチャレンジコースなんてのがあるのだが、これはもう変化球というよりデッドボールに近いキワモノだ。滑れる人は非常に限られるが、レース仕様の正統派ゲレンデの脇にこんなぶっ飛んだコースがあるアンバランスさもまた面白かったりする。詳しくは、上級コース状況のところに書いておこう。 残念なのは、あれだけスキーヤーが多く非圧雪の急斜面もあるのに、コブが一切なかったことだ。あれでコブも喰えていたらローカルスキー場としては破格の☆4評価でも良かったと思う。何人か常連さんに聞いてみたが、休日など更に人が多いときは自然コブができることもあるようだが、基本的には圧雪して潰してしまうらしい。どっかにラインコブの1本でも作っておいてくれたら更にファンは増えると思うのでよろしくです。 リフト料金や食事パック料金は良心的だが、何といってもお得なのは、近くの温泉旅館一泊二食にリフト券が付いたスキーパックだろう。僕は湯の原さんという宿にお世話になったが、一番お安いコースでもメシはたっぷり、部屋も温泉もキレイで広くて文句なし、ホントにこんな値段でいいの?って感じだった。気になる人は公式HPを要チェックだ。 【天候・気温】 薄曇り時々雪(前夜はがっつり降雪あり)。10時頃ベースで-3℃くらい。 【雪質】 乾雪。非圧雪部分でヒザパウ。 【公表積雪深】 135cm 【リフト、コースオープン状況】 全リフト運行、全コースオープン。 【混雑状況】 平日。高校生の団体、自衛隊あり。一般客も意外なほど多い(ただし、競技仕様のスキー場である割にはレーサーっぽい人は少ない)。リフトは、タイミングによっては1分くらいの待ち。コースはとにかく幅が広いのでストレスを感じることはない。 【上級コース状況】 ◇◇海和バレー◇◇ 不整地。喰い残しのヒザパウ。充分に浮遊感を得られて楽しかったが、距離がちょっと短いのが残念。下から見て左側、美味しいラインを下ってしまうと、思い切り登り返すハメになる。 ◇◇チャレンジコース◇◇ 不整地。たぶん、全く整備していないほったらかしのぶっ飛びコース。コース入口は完全な登り。上から勢いをつけて突っ込んでいけば半分くらいは登ってくれるが、ちょうどリフト降り場で人が溜まる場所だから、空いてる時にしかできない。標識類は皆無なので、先行者のトラックが付いてなければ、初めての人には多分分からない。で、林を抜けるとようやく下りのコースが始まるのだが…初めの数ターン分は木に邪魔されて滑れる幅が殆んどない急斜面。ここをクリアするとようやくマトモな斜面が現れる。ここはそれなりに新雪が残っていて、パウダーランを楽しめた。 因みに、最初の登りの途中で、林に入らずに左手の斜面を滑ることもできる。この日はまだブッシュが多かったので、完全面ツルノートラックのままだった。もちろん、いただきま~す♪期せずして1stトラックをゲットした。後に続く物好きはおらず、2nd、3rd、4thトラックくらいまで全部独占だった♪
  • 49

    3.08

    奥州市越路スキー場は、ゲレンデ上部には中急斜面が展開し、下部はビギナーズバーンやソリ専用ゲレンデなどファミリー向けの緩斜面があり、はっきりと区別されているので比較的に安全に楽しむことができる。また、奥羽山脈を越えてくる乾燥した空気が流れ込むため...

    • コース:2
    • リフト:5
    • ハーフパイプ
    • ナイター
    • キッズパーク
    • 託児所
    • 小学生以下無料

    最高です!!

    広大とは言えませんが、みなさんぜひ来て滑りを堪能してくださいね。
  • 50

    2.93

    国内のスキー場の中でも歴史のある老舗ゲレンデで、県内屈指のテクニカルなコースを有することで人気のスキー場である。トップの標高が550mながらも、標高差430mを楽しむことができ滑りごたえがある。豪快な非圧雪の急斜面コースである神沢バーン(超上級者)、滝...

    • コース:9
    • リフト:3
    • ハーフパイプ
    • ナイター
    • キッズパーク
    • 託児所
    • 小学生以下無料

    びちょ濡れ不快指数100%…(-"-)

    ☆★ 1.5 うーん…もう行かなくてもいいかな… 【総評…というか、訪問記】 青森県のスキー場新規開拓ツアー、最終日はココ、大鰐だ。 このスキー場は結構長い歴史があり、俺の持ってる古いスキー場ガイド誌なんかには『安比ができる前は北東北で唯一の本格派スキー場であった』などと書いてある。なるほど、かつてはゴンドラもデタッチャブルクワッドもあり、本格派の名に恥じない大規模スキー場だった。が、今は昔。スキー人口の激減と歩調を合わせるように規模縮小の嵐が吹き荒れ、今は固定式ペアリフト3基だけで細々と営業を続けている。尤も、一時期は完全廃業の危機さえあったらしいから、生き残っただけでも良かったと思うべきか。 それでも、現行のコースだけでも450m近い滑走標高差はなかなかのもの。豪快な非圧雪の急斜面コースが3本も待ち構えているので、それなりに期待はしていた。 俺のスキー場選びに於いて最重要事項となる雪質に関しても、それほど危惧はしていなかった。トップの標高550m弱というのは、普段なら絶対に寄り付かない低地スキー場だが、何といっても此処は青森である。本州では間違いなく最高の雪質を誇る安比や下倉を擁する岩手より更に北ではないか。海からも離れている。第一、まだ2月上旬だ、トップシーズンではないか。この日は、日本海側に発生した低気圧の影響で強い寒気は抜けつつあるが、ヘンな暖気が入っているわけでもない、まぁ平年並みの気温だろう。まさか、初日の釜臥山のように、湿った雪に幻滅することもなかろう… …結論から言うと、この予想こそ最大の誤算であった… 2月10日、泊まっていた弘前のホテルを出て大鰐へ向かう。このアクセスに関しては、電車で行くかレンタカーで行くか、直前まで悩んだ。弘前から大鰐までは、JRならたった二駅だが、駅からはタクシー以外に足がないのだ。駅から5分くらいというから大した値段にならないとは思ったが、それでも走ってみないと幾らかかるか分からないタクシーっちゅう乗り物は、初めての場所では少々不安である。弘前には格安レンタカー屋さんがあるので(昨日、青森スプリングに行くのに使った)、タク代がちょいとハネたら、レンタカーの方が安くなるし。で、結局、電車とタクシーで行った。タクシーは片道700円ちょいで、帰りは1割引きのチケットをくれた。こういうサービスはもっと積極的にHPとかで告知するべきだろう。というか、本当は駅からのシャトルバスくらい出せ、と言いたいのだが…。 雨池スキーセンターは、スキー授業の地元小学生の団体と自衛隊の迷彩服でごった返していた。平日とは思えない盛況ぶりで、到底、潰れるかどうかの瀬戸際に立ったスキー場とは思えない。何だよ、こんなんならあじゃら高原側も復活させろよ、などと思いつつ、帰りの電車の時間に合わせて5時間券を買いリフトに乗った。 弘前ではチラチラ舞っていた程度の雪は、本降りになっていた。 新雪、深雪大好き人間の俺にとって、雪の中で滑るのは全く苦にならない、どころか、むしろ歓迎すべきことである…筈だった。そう、本来ならね。普段“雪質重視”で選んでいるスキー場で滑っている分にはね…。だって、俺の知っている“スキー場に降る雪”は、基本、吹けば飛んでいくような乾雪だもん。ウェアに付いても融けないから、バサバサ払っとけば大して濡れない雪だもん。 だが。 「青森まで来て、湿った雪に幻滅することもなかろう」という予想は、見事に誤算であった。何だコレは!?とんでもない濡れ雪だ。ジャケットに、パンツに、グローブに、ゴーグルに…触れるそばから水滴に変わり、容赦なく全身を濡らしていく。上に行けば少しはマシになる筈だ…淡い期待を抱いて、次のリフトに乗り継ぐ。おお、あれが大鰐自慢の急斜面か!正面に前平バーンがバーンと迫り、ちょこっとテンションが上がったのも束の間…やはりびちょ濡れ雪は相変わらずである。そして。ボツッ、ボツッ…聞き慣れない耳障りな音が絶えず肩の辺りから聞こえてくる。見ると、搬器のフレームから水滴がしたたり落ちてくるのだ。 他のスキー場でも、ちょっと日が出て気温が上がった時など、リフトの支柱に積もった雪が融けて水滴が落ちてくることはままある。だが、ここまで酷い水攻めはちょっと記憶にない。 「俺はコレが嫌だから湯沢・石打辺りの低地スキー場には行かないようにしてるのに…大枚払って青森まで来て…このザマかよ…」泣きたくなった。 それでも一時間半は滑った。3本の急斜面上級コースは、ビショ濡れになりながらも一時間半は粘れるだけの面白味があった。だが。一時間半が限界だった。 スキー場トップに洒落たホテルが建っていた。ランチ営業やってるらしい。スキーセンターのレストランはガキの団体に埋め尽くされるのが分かり切っているから、もはや駆け込み寺はここしかない。11時半、少し早目の昼メシを食うために板を脱いだ。本物の薪ストーブがある綺麗なレストランでゆっくりと食事を取る。この、青森ワイナリーホテルで過ごしたひと時だけは、掛け値なしで快適だった。 そして、予定よりずっと早い、次の電車で帰ることに決めた。 だが、帰るためにはもう一度濡れ雪の中を滑ってスキーセンターまで下りなければならない。 もはや、その一本ですら苦痛だった。 今回の青森遠征の教訓! 「低地スキー場でも文句なしの粉雪を求めるなら、やっぱ北海道まで行かなきゃダメ!」 もちろん、青森県のスキー場を全部否定してるわけじゃないですよ。 前日の青森スプリングは大満足だったし、大本命の八甲田がまだ未踏のまま残っているし。 ただ、初日の釜臥山とこの大鰐を滑った教訓として、ココまで緯度を稼いでも、やっぱし低地はダメだな、ということでした。

詳細で絞り込む

スキー場名で探す

アクセスで探す