全国32のスキー場で使える国内最大の共通シーズン券「マックアース30」が7月1日より販売開始

ニュースNews
スキー場・スキー・スノーボード関するニュースをお届け

全国32のスキー場で使える国内最大の共通シーズン券「マックアース30」が7月1日より販売開始

2016年07月01日 12時05分

国内最大の35スキー場を運営する株式会社マックアースは、2016-2017シーズンに国内32スキー場で利用可能な「マックアース30」シーズン券を2016年7月1日(金)より販売開始しました。

2016−2017シーズンより、福井の今庄365スキー場が仲間入りし、滑走可能スキー場は全国32スキー場に。さらに、業務提携によりホワイトピアたかすスキー場も利用できるようになっています。滑走可能コースは350コース以上、総滑走距離300km以上、総滑走可能日数が190日以上となっています。

さらに、本シーズン券には、個人賠償責任補償特約付き傷害保険(※超早割は除く)がついています。

販売枚数は限定4,000枚となります。発売期間は、2016年7月1日(金)から10月31日(月)まで、もしくは、限定数に達し次第終了となります。

料金は、7月1日(金)から7月31日(日)までに購入した場合は超早割料金が適応され、大人55,555円、子供(中学生以下)が25,250円となっています。以降、8月1日(月)から9月30日(金)までの購入が大人65,000円、子供30,000円となり、10月1日(土)から10月31日(月)までの購入で大人100,000円、子供50,000円となっています。

利用可能な32のスキー場は以下の通りです。

【北海道】
スノークルーズ・オーンズ ・ピリカスキー場

【東北】
猪苗代スキー場 ・沼尻スキー場 ・会津高原南郷スキー場 会津高原高畑スキー場箕輪スキー場 

【信州】
神立高原スキー場 ・斑尾高原スキー場 ・黒姫高原スノーパーク ・Mt.KOSHA X-JAM高井富士(やまびこの丘) ・白馬さのさかスキー場 ・エコーバレースキー場 ・Mt.乗鞍スノーリゾート ・おんたけ2240 ・信州松本野麦峠スキー場

【東海】
高鷲スノーパーク ・ダイナランド ・鷲ヶ岳スキー場 ・ホワイトピアたかす ・ひるがの高原スキー場 ・チャオ御岳スノーリゾート 

【近畿】
国境高原スノーパーク ・箱館山スキー場 ・今庄365スキー場 ・ばんしゅう戸倉スノーパーク ・ちくさ高原スキー場 ・おじろスキー場 ・氷ノ山国際スキー場  ・神鍋高原万場スキー場 

【中国】
ユートピアサイオト ・芸北国際スキー場

<シーズン券購入者特典>
□全スキー場全日駐車料金無料
□マックアースのグループホテル10%割引
□グリーンシーズン特典(ゆり園リフト無料など) 

<プラスオプション>
■ヨルダイナナイターシーズン券オプション 大人 +¥10,000 / 子供 + ¥5,000
■菅平高原パインビークオプション 大人 +¥30,000
■神立ナイターオプション 大人 +¥8,000 / 子供 +¥5,000

シーズン券詳細及び申込みについては、マックアースのウェブサイトをご参照ください。

マックアース30 シーズン券

[スポンサードリンク]

ニュース・イベントガイドラインについて

おすすめ商品

[スポンサードリンク]