駅を降りたらすぐに滑れる!東京から電車で楽に行けるスキー場6選

  • 公開日:2017年7月27日

電車でワイワイしながらスキーやスノーボードに行くのは楽しいですね。慣れない雪道を運転するのはちょっと自信がないという方にも電車だと安心ですね。事前に荷物を送ってしまえば、手ぶらでスキー&スノーボードに出かけられるのも魅力です。

シーズンになると各鉄道会社から電車をつかったスキー&スノーボードプランが出ますので、そちらをうまく使うとかなりお得にスキー&スノーボードを楽しむことができますよ。今回は、駅についたらすぐに滑り出すことができるスキー場を中心に東京から電車で楽に行けるスキー場を紹介しています。

ガーラ湯沢スキー場(新潟)

新幹線の駅と直結のスキー場といえばガーラ湯沢スキー場。改札を出るとそこは、スキーセンター「カワバンガ」となっており、着替えをするとそのままゴンドラステーションからスキー場へ行くことができます。カワバンガ3階には、露天ジャクジーやフィットネスプールもそなえた温泉施設「SPAガーラの湯」もあり、滑り終えた後は温泉で疲れを落としてから帰ることができます。レンタルなども充実しているので、身一つで新幹線に乗っても白銀の世界を楽しむことができます。東京からは新幹線で約75分です。

「ガーラ湯沢」おすすめの口コミ

駅直結で有名なスキー場でもあるので正直期待はしていなかったのですが、雪質は良いし、それなりの斜度があるコースもあって楽しめました
  • 住所:新潟県南魚沼郡湯沢町大字湯沢字茅平1039-2
  • アクセス:JR上越新幹線ガーラ湯沢駅直結

上越国際スキー場(新潟)

「上越国際スキー場前駅」から徒歩30歩とほぼ駅直結のスキー場が上越国際スキー場です。「上越国際スキー場前駅」までは新幹線で越後湯沢駅までいき、そこから上越線でのアクセスとなります。本ゲレンデ入り口にある「アネックス」には、更衣室やロッカー、レンタルなどの施設があります。また日帰り温泉「縄文の湯」も用意されています。少し上がると、赤い屋根が目印のホテルグリーンプラザ上越に宿泊の場合、越後湯沢駅から専用の直通バスがあり、そちらを使うと便利です。

「上越国際スキー場」おすすめの口コミ

子供のリクエストで新幹線・雪・温泉ということだったので、こちらに決めました。新幹線の越後湯沢駅から、ゲレンデ前にあるホテル・グリーンプラザ上越宿泊者専用シャトルバスが無料で出ていますが、少し分かりづらいところにあるので要注意です。
民宿やホテルいつも色々な宿泊施設を利用していますがやっぱり子供連れはホテルの方が良いかな?ゲレンデもそうですが大きいホテル系の方が子供向けに色々な施設的な物があるので助かります。特に、ここはキッズパラダイスやそりランドがあって、滑れない子供も楽しめます
  • 住所:新潟県南魚沼市樺野沢112-1
  • アクセス:JR上越国際スキー場前駅から徒歩0分

軽井沢プリンスホテルスキー場(長野)

長野新幹線軽井沢駅から徒歩10分でアクセス可能なのが、軽井沢プリンスホテルスキー場。駅からは無料のシャトルバスもあるので、歩きたくない方はそちらを利用するのがおすすめです。日帰り駐車場内に「スキーセンター」と「Snow House」が用意されています。駅前には軽井沢プリンスショッピングプラザが広がっており、滑り終えた後は買い物も楽しめるスキー場でもあります。人工造雪機を備えており、安定したコンディションで滑ることができます。

「軽井沢プリンスホテルスキー場」おすすめの口コミ

ここはキッズ天国。子供がいっぱい。子供たちの歓声がこだまして、広くはないがファミリー向けの滞在型スノーリゾートとして繁盛している。
このスキー場の端にあるパラレルコースでスキーの競技会が開かれる事がよくあるが、競技会が終わると、毎回圧雪車で、コースをまっさらな状態に戻してから一般のお客さんに開放している。大抵のスキー場はポールとロープを外すだけなのに対して、コース整備を徹底している。
こういう細やかな心遣いが、子供たちを安心して滑らせる事ができるスキー場としてとても大切なのだ。
  • 住所:長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢
  • アクセス:JR長野新幹線軽井沢駅から徒歩約10分または車約1分または無料シャトルバス約1分

湯沢中里スノーリゾート(新潟)

越後中里駅と直結しているのが湯沢中里スノーリゾートです。駅には、中里スキーセンターがあり、レンタルや更衣室が完備されています。4階にはなんと無料で利用できる大浴場と休憩所まで用意されています。さらに、子どもたちが遊べる「スマイルキッズルーム」も無料で利用できます。駅を降りると目の前にブルートレインが停車しており、無料休憩所として利用できます。越後湯沢駅から上越線に乗り換えて約8分、東京からでも電車で約1時間30分でアクセスできます。シーズン中は、越後湯沢駅から無料のシャトルバスが運行されており、そちらを利用する方法もあります。

「湯沢中里スノーリゾート」おすすめの口コミ

電車の車両でご飯食べてリフト券が温泉入浴券になって色々楽しいスキー場です。駅の目の前なので免許取る前から良く行きました。
  • 住所:新潟県南魚沼郡湯沢町中里
  • アクセス:JR上越線越後中里駅から徒歩0分、または、JR上越新幹線越後湯沢駅から無料シャトルバス約20分

湯沢高原スキー場(新潟)

越後湯沢駅(西口)から徒歩8分にあるのが、湯沢高原スキー場です。冬季は駅から無料のシャトルバスもあるので、荷物が多い場合はそちらを利用するのが良さそう。ロープウェイ山麓駅舎に、更衣室、ロッカーやレンタルなどの施設が用意されています。2階には湯沢温泉「コマクサの湯」があり、食事処も併設されています。湯沢高原スキー場はゲレンデ下部の布場エリアとロープウェイでアクセスする高原エリアの2エリア構成となっています。ガーラ湯沢スキー場と石打丸山スキー場と3山連結しているので、三山共通券で3つのスキー場を楽しむことができます。

「湯沢高原スキー場」おすすめの口コミ

ロープウエイであがりますので標高が高くパウダー三昧のスキー場です。温泉もあり一日楽しめるスキー場です。
  • 住所:新潟県南魚沼郡湯沢町大字湯沢490番地
  • アクセス:JR上越新幹線越後湯沢駅から徒歩約8分

会津高原たかつえスキー場(福島)

東武鉄道のレールプランになりますが、会津高原たかつえスキー場に電車で日帰りで滑りに行くことができます。アクセスは、東武鉄道で会津高原尾瀬口駅まで向かい、そこから路線バスでスキー場までのアクセスとなります。

(捕捉)
東武鉄道を使ったプランでは、他にも「スノーパル23:55」が有名です。今では珍しい夜行列車でのプランです。「スノーパル23:55」では、会津高原たかつえスキー場とだいくらスキー場に行くことができます。スキー場に早朝に到着できるのが魅力です。帰りは、夕方に現地を出て、夜に都内に戻ってくるという行程となっています。

「会津高原たかつえスキー場」おすすめの口コミ

無料の会員カードを作ると、食事や温泉が安くなります。
  • 住所:福島県南会津郡南会津町高杖原535
  • アクセス:会津高原尾瀬口駅からバスで約30分

駅近のスキー場マップ

私もシーズン中は何度か電車でスキー場に遊びに行くことがあります。当日の楽しかった思い出をみんなで話しながら、帰りの電車で飲むビールは最高ですよ。電車だと帰りの渋滞や疲れを気にしなくて良いので、出発ギリギリまで滑りを楽しむことができるのも良いですね。今シーズンは電車で気軽に滑りに出かけてみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で