共通シーズン券「マックアースジャパン(2021-2022)」が8月1日より56,780円にて販売開始

ニュースNews
スキー場・スキー・スノーボード関するニュースをお届け

共通シーズン券「マックアースジャパン(2021-2022)」が8月1日より56,780円にて販売開始

2021年08月02日 14時22分

株式会社マックアースは、2021-2022シーズンに国内21スキー場で利用可能な「マックアースジャパン」シーズン券を2021年8月1日(日)より販売開始しました。

滑走可能コースは200コース以上、総滑走距離180km以上、総滑走可能日数が160日以上です。

販売期間は、2021年8月1日(日)から10月15日(金)までですが、限定4,000枚のため、限定数に達し次第終了となります。

料金は、8月1日(日)から9月30日(木)までに購入した場合は超早割料金が適応され、大人56,780円、子供(中学生以下)が25,250円となっています。以降、10月1日(金)から10月15日(金)までの購入が大人67,890円、子供30,000円となります。

各種オプションも用意されています。
ダイナランドナイターオプション
大人 +¥10,000 / 子供 + ¥5,000
ちくさ・峰山ナイターオプション
大人 +¥5,000 / 子供 + ¥5,000
菅平高原パインビーク オオマツ&ツバクロ オプション
大人・子供 +¥31,000

利用可能な21のスキー場は以下の通りです。
【北海道】
カムイスキーリンクス ・名寄ピヤシリスキー場 

【信州】
神立高原スノーリゾート ・黒姫高原スノーパーク ・Mt.KOSHA X-JAM高井富士 ・Mt.KOSHA よませ温泉スキー場

【東海・北陸】
高鷲スノーパーク ・ダイナランド ・鷲ヶ岳スキー場 ・ホワイトピアたかす ・ひるがの高原スキー場 ・立山山麓スキー場 

【近畿】
国境高原スノーパーク ・箱館山スキー場 ・ちくさ高原スキー場 ・おじろスキー場 ・氷ノ山国際スキー場  ・神鍋高原万場スキー場  ・峰山高原リゾートホワイトピーク
【中国】
ユートピアサイオト ・スノーリゾート猫山 

シーズン券購入者特典としては、全スキー場全日駐車料金が無料やマックアースグループホテル10%割引などの特典が用意されています。

2021−2022シーズンはさらに、ヨリミチ割として地元提携割引が用意されています。

シーズン券詳細及び購入については、マックアース30のウェブサイトをご参照ください。

マックアース30 シーズン券
  

ニュース・イベントガイドラインについて

おすすめ商品

Snoway滑走記録アプリ

[スポンサードリンク]