関西エリアで6歳未満の幼児リフト料金が無料のスキー場

子どもたちにたくさん滑らせてあげたいけれど、リフト代を考えるとなかなかスキー場に行けない。たくさんスキー&スノーボードを楽しみたい家族にとって、小学生未満のリフト代無料のスキー場は強い味方。今回は関西エリアのスキー場で6歳未満の子どもたちのリフト料金が無料のスキー場を紹介します。

氷ノ山国際スキー場(兵庫県)

氷ノ山国際スキー場は兵庫県最高峰に位置し、2.1kmのロングコースも楽しめる縦長なゲレンデレイアウトが特徴です。初・中級者向けに900mのパノラマコースがあります。初級者には、ゲレンデ下部にビギナーコースがあり、そちらから駐車場までいっきに滑り降りることができます。小学生未満の子どもたちはリフト券無料です。さらに、2017-18シーズンは、大人1人(1日券1枚購入)につき小学生1人無料となっています。

スノーエスカレーターが完備されたキッズパーク「キッズスマイルパーク」が用意されていて、こちらは入園料500円となっています。ネットでゲレンデが完全に仕切られており、安心して雪遊びができるようになっています。

  • 住所:兵庫県養父市奈良尾509
  • アクセス:北近畿豊岡自動車道「八鹿氷ノ山IC」より21km、約30分 

スカイバレイ(兵庫県)

スカイバレイは、標高差500m超を一気に滑り降りることができる中斜面のロングコースや自然の地形を生かしたワイドなオープンバーンなどバラエティーに富んだ全8コースのスキー場です。スキーヤー・スノーボーダー問わず、ビギナー向けに毎日1時間の無料レッスンを実施していたりと、スキー場デビューには最高の環境が整います。

スノーパークは2箇所あり、第1ボードパークにはハーフパイプも備える本格的なパークとして人気を誇っているので、パーク好きなパパやママも楽しめます。

第3レストハウス前にキッズゲレンデが用意されています。ネットで囲われた雪遊び場となっていて、週末には「リス丸君」が登場することもあります。

隣接するハイパーボウル東鉢スキー場と繋がっており、リフト券が共通なので1日で2つのスキー場を楽しむこともできるのもうれしいです。北近畿豊岡道「八鹿・氷ノ山」ICから約20分となり、阪神間から約2時間で到着できるアクセスの良さもおすすめの理由のひとつです。

  • 住所:兵庫県美方郡香美町村岡区中大谷701
  • アクセス:北近畿豊岡道「八鹿氷ノ山IC」から国道9号にて20km

ハイパーボウル東鉢(兵庫県)

ハイパーボウル東鉢の特徴は山頂に展開する広大なボウル状の地形です。コースは全9コースからなり、山頂方面は地形を生かした中上級斜面が多くレイアウトされています。下部には初中級者面があり、ファミリーや初心者向きです。

チビッコゲレンデは独立しているので安心して遊ばせることができます。山頂方面にて隣接しているスカイバレイとは同じリフト券で滑る事ができるので安心して行き来できます。

2つのスキー場を滑っても小学生未満は無料とは嬉しいですね。

  • 住所:兵庫県養父市別宮
  • アクセス:北近畿豊岡道「八鹿氷ノ山IC」から国道9号にて20km

おじろスキー場(兵庫県)

おじろスキー場は、広大な一枚バーンに、3基のリフトで5つのコースが用意されたスキー場です。駐車場からはゴンドラでのアクセスとなります。

スノーエスカレーターが完備されたキッズパークが用意されています。子どもたちから人気のお大きなフワフワもあります。小学生未満のこどもたちはキッズパークも入園無料です。大人も、リフト券を購入していれば入場無料です。

  • 住所: 兵庫県美方郡香美町小代区大谷463
  • アクセス:北近畿豊岡道「八鹿氷ノ山IC」から国道9号にて40km、約45分

6歳未満リフト料金が無料の関西のスキー場マップ

小学生未満リフト料金が無料のスキー場を利用すれば、たくさん滑りたい子どもたちも満足ですね。平日のレディースデーがあるスキー場もあるので、組み合わせると、出費をかなり安く抑えることができます。せっかくのシーズンなので、たくさん子どもたちと雪遊びに出かけてみてはいかがでしょうか。

 近畿のスキー場ランキング

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で