OPEN
12/22

3.39 (評価数:97件)

〒378-0408 群馬県利根郡片品村大字花咲字武尊山 [地図]

東京から車で140電車で170

クワッドリフトはなくなったけど…

3.5

2015/02/07

雷電風雪さん

☆☆☆★ 3.5  普通。条件が合えば楽しめる。

【総評】
2/5(木)、5年ぶり再訪。
割と古くからあり(以前は“国設武尊”という名称だった)、天然雪100%、非圧雪の急斜面が売りの、通好みだが地味~なスキー場、というイメージだったが…。この日は平日なのに高校生、大学生と思しき初級ボーダーが大挙来場、第2リフトとロマンスコースは大盛況でちょっとびっくりだった。帰り際に、宿のマイクロバスを待っている集団が多かったので、たまたまサークルか何かの合宿と重なったのかな?サービスデー狙いの一般客もそこそこいた筈だし。
580mというそれなりの標高差を持ち、ベースからリフト一本上がったところで広大なボウル状の斜面が現れ、更にその上部にコースが伸びている…という感じで、割とスケール感はデカいのだが、各コースがとにかく細切れ、ブツ切れになっているのがやや残念。数シーズン前にメインの長いクワッドリフトがぶっ壊れて、代わりに第7ペアが新設されたが、それによってコースのブツ切れ感は更に増幅した…。ただ、第7ペアは急斜面だけを繰り返し滑りたい人には却って都合のいいラインに架かっているので、賛否は分かれるところだろう。この“ブツ切れ感”のおかげで、レベルに応じた棲み分けはきっちりできており、滑れもしない初級者が急斜面に入り込んできてバーンを荒らすようなことはなかったので、その点は評価できる。
この日は暫く降雪が無かったようで、コース内の新雪は完全に食い尽くされた状態だったが、かなり面的な広がりがあるのでちょっとアレすればほぼ完全な面ツルパウ…(以下、自粛)。
上部の駐車場が狭いとか、前述の通り、ブツ切れのリフトやコースだとか…減点要素は幾つかあるにはあるが、目的意識をしっかり持って、可能であれば天候もちゃんと考慮した上で狙って滑れば、かなり満足度の高い滑りを期待できるスキー場だろう。
因みに…みんな気にしているぶっ壊れたクワッド。気になったので電話して聞いてみたら「あのリフトは外国製だったので修理したくても部品が無いんですよ。撤去の方向です」とハッキリしたお返事をいただいた。うむ、仕方ないか。

【ここが○】
・格安サービスデーと誕生日プレゼント。特に誕プレは、月に関係なく日付さえ合っていればいいという、夏生まれの僕にとっては涙が出るほど嬉しい企画(笑)。太っ腹!他のスキー場も見習え!
・豪雪とまでいかないが豊富な積雪と良好な雪質。それなりに標高も高いし、ホントに片品エリアはこの点のバランスが素晴らしい。

【ここが×】
・リフトと駐車場の問題は…まぁしょうがないか。
・ちゃんとしたコブが無い。タイミングによってはできるのかな?少なくとも僕はお会いしたことがない。

【天候・気温】 薄曇り 上部は時々ガス 日中で-2℃くらい

【雪質】 乾雪 コース内の深い所はスネパウくらい

【公表積雪深】 230㎝

【リフト、コースオープン状況】 全リフト運行 全コースオープン

【混雑状況】
平日。サービスデー。高校生、大学生くらいのボード初級者、驚くほど多し。第2リフトは、待つことはないがカラの搬器も殆んどない状況。それ以外のリフトはガラガラ。ロマンスコース、混雑。座りこみ多し。それ以外のコースは空いていて滑り放題。第1駐車場は午前中で満車。

【上級コース状況】
非圧雪の上級コースは全て食い尽くされたパウダー。コブは全くなし。

オグナほたかスキー場 周辺のホテル