OPEN
12/15

3.50 (評価数:89件)

〒999-6105 山形県最上郡最上町大字富沢字大森3480-38[地図]

東京から車で330

豪快!直球一本勝負

3.5

2016/02/12

雷電風雪さん

☆☆☆★ 3.5  けっこう良いぞ。条件が合えば充分楽しめる。

【総評】
2月3日、初訪問。
首都圏の人間にとって(というか、地元以外は全部??)「赤倉で滑ってきた」と言えば100%妙高のアレを指すだろうが…山形にもあったんですねぇ。
このスキー場は、僕が参考にしてる幾つかのサイトで“知名度は無いが単なるロコスキー場じゃない!”と紹介されていたので、以前から気にはなっていた。県境を越えてまあまあ近いところにオニコウベもあることだし、んじゃこの際両方滑ってきちゃおうかと、はるばる足を向けた。
で、まず驚いたのがその盛況ぶり。行ったのは平日だが、一般客はもちろん、地元っぽい高校生の団体や自衛隊なんかも来ていてホントに賑やかだった。ベース前のペアリフトはA線B線が並列に架かっているのだが、滑り出しの時間帯や昼メシ後暫くは両方回していた。並走リフトを平日に両方回しているトコなんて、最近ではメジャースキー場でも滅多にないのだから大したものだ。ま、リフト自体少ないから、どうしても人が集中しちゃうってのもあるけど。
ゲレンデは見事に真北向き。なので、緯度も標高も中途ハンパな割には雪質はいい。滑走標高差はジャスト300mで大きくはないが、無駄なタラタラ斜面は一切なく、上から下まで中斜面と急斜面が断続してズトーンと下りてゆくので全く不足を感じない。なるほど、国体をはじめ各種競技会に使われているだけのことはある。
コースは、リフトの両側をほぼストレートに下りてくる2本でほぼ全て。単純明快な直球勝負の構成だ。コースバリエは無いに等しいので、じゃあ飽きちゃうかといえば決してそうではなく、この2本のメインコースには、緩急あり、意図的に残した非圧雪部分あり、パークありで色々遊べるのである。で、僅かに変化球的にチャレンジコースなんてのがあるのだが、これはもう変化球というよりデッドボールに近いキワモノだ。滑れる人は非常に限られるが、レース仕様の正統派ゲレンデの脇にこんなぶっ飛んだコースがあるアンバランスさもまた面白かったりする。詳しくは、上級コース状況のところに書いておこう。
残念なのは、あれだけスキーヤーが多く非圧雪の急斜面もあるのに、コブが一切なかったことだ。あれでコブも喰えていたらローカルスキー場としては破格の☆4評価でも良かったと思う。何人か常連さんに聞いてみたが、休日など更に人が多いときは自然コブができることもあるようだが、基本的には圧雪して潰してしまうらしい。どっかにラインコブの1本でも作っておいてくれたら更にファンは増えると思うのでよろしくです。
リフト料金や食事パック料金は良心的だが、何といってもお得なのは、近くの温泉旅館一泊二食にリフト券が付いたスキーパックだろう。僕は湯の原さんという宿にお世話になったが、一番お安いコースでもメシはたっぷり、部屋も温泉もキレイで広くて文句なし、ホントにこんな値段でいいの?って感じだった。気になる人は公式HPを要チェックだ。

【天候・気温】
薄曇り時々雪(前夜はがっつり降雪あり)。10時頃ベースで-3℃くらい。

【雪質】 乾雪。非圧雪部分でヒザパウ。

【公表積雪深】 135cm

【リフト、コースオープン状況】 全リフト運行、全コースオープン。

【混雑状況】
平日。高校生の団体、自衛隊あり。一般客も意外なほど多い(ただし、競技仕様のスキー場である割にはレーサーっぽい人は少ない)。リフトは、タイミングによっては1分くらいの待ち。コースはとにかく幅が広いのでストレスを感じることはない。

【上級コース状況】
◇◇海和バレー◇◇
不整地。喰い残しのヒザパウ。充分に浮遊感を得られて楽しかったが、距離がちょっと短いのが残念。下から見て左側、美味しいラインを下ってしまうと、思い切り登り返すハメになる。

◇◇チャレンジコース◇◇
不整地。たぶん、全く整備していないほったらかしのぶっ飛びコース。コース入口は完全な登り。上から勢いをつけて突っ込んでいけば半分くらいは登ってくれるが、ちょうどリフト降り場で人が溜まる場所だから、空いてる時にしかできない。標識類は皆無なので、先行者のトラックが付いてなければ、初めての人には多分分からない。で、林を抜けるとようやく下りのコースが始まるのだが…初めの数ターン分は木に邪魔されて滑れる幅が殆んどない急斜面。ここをクリアするとようやくマトモな斜面が現れる。ここはそれなりに新雪が残っていて、パウダーランを楽しめた。
因みに、最初の登りの途中で、林に入らずに左手の斜面を滑ることもできる。この日はまだブッシュが多かったので、完全面ツルノートラックのままだった。もちろん、いただきま~す♪期せずして1stトラックをゲットした。後に続く物好きはおらず、2nd、3rd、4thトラックくらいまで全部独占だった♪

やまがた赤倉温泉スキー場 周辺のホテル