OPEN
12/15

3.39 (評価数:77件)

〒028-7302 岩手県八幡平市寄木松川国有林内 [地図]

東京から車で410電車で240

(ほぼ)北緯40度の底力!フッカフカのヒザパウ当たり~♪

4

2016/03/05

雷電風雪さん

☆☆☆☆4 良かった!また来る!

【総評】
'16年2月24日(水)~25日(木) 約20年ぶり再訪。
全国的には殆んど無名だが、地元ではパウダージャンキーにはわりと知られたスキー場。リフトは少ないが、500mを優に超える滑走標高差を持ち、滑り応えは充分だ。また、風に強いスキー場でもあり、安比が猛吹雪でリフト全滅している時などは駆け込み寺として重宝されているらしい。
目玉は何と言ってもMAX37度の下倉の壁だが、カービングでぶっ飛ばすのにちょうどいい整地中斜面もあり、この地域特有のドライパウダーと相まって、北東北の実力を充分に堪能できるスキー場だろう。
緩、中斜面でゆったり滑りたい派の人には、リフト券共通、無料シャトルバスで10分のパノラマスキー場があり、両スキー場を合わせれば☆4.5を進呈しちゃってもいい(僕として唯一の減点はコブ斜面がないこと。ただし、下倉の壁は春にはコブができることもあるようだ)。
両スキー場のちょうど真ん中にありシャトルバスも停まる八幡平ロイヤルホテルでは、お手頃価格のリフト券付プランを出しているのでかなりお勧め。また、岩手県北バスでは、盛岡発着の日帰りバスパックを発売しているので、盛岡ステイのプランでも非常に行きやすい。
岩手のスキー場は安比と、せいぜい雫石くらいしか知らないよ~という人にもぜひ足を運んでもらって、北緯40度の実力を実感してほしいスキー場だ。

【ここが○】
・場内放送の選曲が素晴らしい!!!!
全て洋楽。コレ、まず高ポイント。午前中はわりと爽やか目なポップソング。昼ごろ、元気な時間帯はレゲエやヒップホップありのダンスミュージック。とにかく気分がいいんです。のれるんです。まぁ、時間帯による選曲の違いはたまたまそう聞こえただけかも知れないが、センスの良さは素晴らしいと思った。
バカの一つ覚えみたいに邦楽の有線を延々と繰り返してるだけのスキー場は見習いなさい!

【天候・気温】
両日とも、薄曇り時々雪。昼過ぎ、ベースで-3℃くらい。夜間は-10℃近くまで下がってたらしい。

【雪質】 乾雪

【公表積雪深】 110cm 非圧雪部分でヒザパウ。

【リフト、コースオープン状況】
全リフト運行、全コースオープン。

【混雑状況】
平日。地元小学生らしき20人くらいのグループと自衛隊が少々。リフト待ちなし、コース混雑なし。下倉の壁にエントリーしてるのはほんの数人。

【上級コース状況】
◇◇ダイヤモンドコース(下倉の壁)◇◇
不整地。ほぼ喰い尽くされたヒザパウ。翌朝は、夜間の降雪でまあまあ回復、ただし面ツルにはならず。
とにかくフッカフカのドライパウダー。クラストなし。一部、削られた部分以外は底付きなし。よって、喰い尽くされていようが、他人のトラックと重なろうが関係なし。オーバーヘッドスプレーのパウダーラン。ただし、かなりの急斜面なので難易度は高い。転んでも全然痛くないから、雪まみれになって楽しもう。

◇◇ホワイトコース◇◇
整地。エッジが噛みまくる最高の雪質。とにかく気持ち良く飛ばせる。

◇◇シルキーパウダーコース(中級)◇◇
不整地。かなり綺麗に残ったヒザパウ。斜度はそれ程きつくないので、フワフワ浮遊感では下倉の壁より上。この快感は癖になるぞ。