3.19 (評価数:27件)

〒989-0612 宮城県刈田郡七ヶ宿町字儘の上129 [地図]

東京から車で260

たいして面白くないローカルスキー場?…とんでもない!

3.5

2016/02/08

雷電風雪さん

☆☆☆★3.5 意外といいぞ。条件が合えば充分楽しめる。

【総評】
2月2日、初訪問。
“みやぎ蔵王”の名を冠する五兄弟の中で、一番南の外れにあり、一番マイナーなスキー場。ぶっちゃけ、場所的には蔵王山とは何の関係もないのだが、他の四兄弟と一緒にがんばってプロモーションしてるようなので大目に見てあげよう。
近年のスキー場不景気の中でも、リフトやコースを廃止するでもなく、週末だけだが何とナイター営業までやってるので、意外と固定客がいるのかと思いきや、やはり平日は寂しくなるほどガラガラで、ある意味、存続していること自体不思議なスキー場でもある。
リフトは4基でコースバリエーションは少ないが、430mを超える滑走標高差はロコスキー場のレベルを遥かに超えた、立派な数値だ。
ファミリー、キッズ色を前面に出してはいるが決して真っ平らな初心者スキー場ではなく、上部の上級コースは滑り応え充分。空いていて、イヤというほど滑り倒せたので、掛け値なしに満足した。
大都市から遠く、集客は大変だろうが、ぜひこれからも存続してほしいスキー場である。もちろん、あの上級コースあって、の話だけどね。

【ここが○】
・2本の非圧雪上級コースの存在。パウダーの競争率も低く、滑り応えは充分で、楽しい。

・それ以外の下部のコースは、幅も広く、圧雪はカンペキ。ファミリーも安心して楽しめる。

・スキー場のそこここで感じる「ようこそ!いらっしゃいませ!」的な雰囲気。まぁ、あくまで感覚的なものだが、客を大切にしている感じは非常に好感が持てる。

【ここが×】
・公式ホームページが…素人丸出しのデザインもさることながら…あのいい加減なコースマップはちょっといただけない。現地で配布しているリーフレットは、デザインもコースマップも比べ物にならないくらいマトモなんだから、そっちのデータを使えばいいのに…

【天候・気温】薄曇り時々雪。10時頃ベースで-3℃くらいだったかな。

【雪質】乾雪。上級コースでヒザパウ。

【公表積雪深】105cm

【リフト、コースオープン状況】全リフト運行、全コースオープン

【混雑状況】平日。団体なし。ガラガラ。

【上級コース状況】
◇◇中央コース◇◇
不整地。喰い残しのヒザパウ。面ツルではないが、滑走者が少ないのでけっこう新雪が残ってる感じ。ただ、斜面への風当たりの影響だと思うが、雪が溜まる部分とそうでない部分がはっきり分かれる。新雪の付きにくい場所は硬めの下地にもろに底付きしてかなりバンピー。斜度はかなり急なので難易度は高い。雪付きのいい場所はフワフワのパウダーランを楽しめる。

◇◇東チャレンジバーン◇◇
不整地。かなり綺麗に残ったヒザパウ。このコースを下りてしまうと、一番下からリフト3本乗り継がないとリピートできない。その煩わしさもあってか、更に滑走者が少ない感じ。また、斜度は中央コースより緩いので、その分雪付きも良い。そのおかげで、新雪の残存率は高く、浮遊感満点のパウダーランを長い距離で楽しめる。良かったぞ。

みやぎ蔵王七ヶ宿スキー場 周辺のホテル