エコーバレー 2018-2019早割シーズン券の販売を10月15日より開始

ニュースNews
スキー場・スキー・スノーボード関するニュースをお届け

エコーバレー 2018-2019早割シーズン券の販売を10月15日より開始

2018年10月15日 14時50分

エコーバレースキー場は、2018-2019早割シーズン券の販売を2018年10月15日(月)から開始しました。

早割での販売期間は、10月15日(月)から11月15日(木)までとなっています。早割期間のシーズン券の価格は、大人34,000円、シニア30,000円、70歳以上のレジェンド18,000円、小学生10,000円となっています。早割期間終了以降は通常価格となり、大人42,000円、シニア38,000円、レジェンド28,000円、小学生20,000円となります。

シーズン券購入者は、近隣スキー場の1日券が1,000円購入できるほか、Blue ResortグループのMt.乗鞍や白馬さのさかスキー場、箕輪スキー場の大人1日券を2,000円で購入できます。

シーズン券詳細については、エコーバレースキー場のウェブサイトを参照下さい。

18-19シーズン券早期販売について エコーバレースキー場
  

ニュース・イベントガイドラインについて

おすすめ商品

Snoway滑走記録アプリ
ルスツリゾート

[スポンサードリンク]