大佐・めがひら・恐羅漢の3つのスキー場で使える3社共通シーズン券(2019−20)が8月より発売開始

ニュースNews
スキー場・スキー・スノーボード関するニュースをお届け

大佐・めがひら・恐羅漢の3つのスキー場で使える3社共通シーズン券(2019−20)が8月より発売開始

2019年08月06日 10時10分

広島県にある芸北高原大佐スキー場、めがひらスキー場、恐羅漢スキー場は3つのスキー場で利用可能な共通シーズン券を2019年8月1日より販売開始されています。

8月1日から8月31日までの申込みには、超早期割引料金となり、大人全日券が45,000円、小学4年生から中学生までのジュニア全日券が25,000円、小学3年生までのキッズ全日券は10,000円、シニア全日券が38,000円となります。大人平日券は、35,000円です。

9月1日から10月末日までの申込みは、大人全日券が50,000円、ジュニア全日券が30,000円、キッズ全日券が15,000円、シニア全日券が43,000円、大人平日券が40,000円となります。

11月1日から11月末日までの早割2の期間では、大人全日券が55,000円、ジュニア全日券が35,000円、キッズ全日券が20,000円、シニア全日券が48,000円、大人平日券が45,000円となります。

なお、12月以降は通常料金となります。

シーズン券詳細については、恐羅漢スキー場のウェブサイトを参照下さい。

2019-20三社共通シーズン券の販売開始について(お知らせ) | 恐羅漢イベント情報
  

ニュース・イベントガイドラインについて

おすすめ商品

Snoway滑走記録アプリ
ルスツリゾート

[スポンサードリンク]