白山セイモアと白山一里野運営のSAM白山 2018-2019シーズン券の販売を9月1日より開始

ニュースNews
スキー場・スキー・スノーボード関するニュースをお届け

白山セイモアと白山一里野運営のSAM白山 2018-2019シーズン券の販売を9月1日より開始

2018年10月03日 12時20分

白山セイモアスキー場と白山一里野温泉スキー場を運営するSAM白山(株式会社スノーエリアマネジメント白山)は、両スキー場の2018-2019シーズン券の販売を2018年9月1日(土)より開始しました。

シーズン券は、白山セイモアスキー場及び白山一里野スキー場で利用可能なSAM白山共通シーズン券と単独シーズン券が用意されています。

共通シーズン券は、11月30日までの早割価格で大人40,000円、中学生18,000円、小人10,000円となります。12月1日以降は通常料金となり、大人50,000円、中学生50,000円、小人40,000円となります。

単独シーズン券については、白山セイモアの単独シーズン券が早割価格で27,000円(通常36,000円)、白山一里野スキー場のシーズン券が32,000円(通常41,000円)となっています。

シーズン券購入者には、提携スキー場での割引などの特典が用意されています。

シーズン券の詳細及び購入については、SAM白山のウェブサイトを参照下さい。

シーズン券販売|SAM白山
  

ニュース・イベントガイドラインについて

おすすめ商品

Snoway滑走記録アプリ
ルスツリゾート

[スポンサードリンク]