ダウンヒルレース「Red Bull Snow Charge 2019」全国5会場で開催

ニュースNews
スキー場・スキー・スノーボード関するニュースをお届け

ダウンヒルレース「Red Bull Snow Charge 2019」全国5会場で開催

2019年01月23日 15時46分

スキー・スノーボードで参加可能なダウンヒルレース「Red Bull Snow Charge 2019」が全国5会場で開催されます。

スキー・スノーボードの一般参加型のダウンヒル・レースで、ルールはスタート地点からコースふもとのゴール地点まで、一番早くたどり着いた人が勝ちというもの。チャンピオンには賞金10万円が贈られます。

レッドブル・スノーチャージは、スタートがユニークとなっており、合図とともにスタートダッシュし、数十メートル先にランダムに並べられた板の中から自分の板を探して、その場で履いてスタートとなる。そのため、運の要素も強いレースとなっています。

Red Bull Snow Charge 2019開催概要

開催日&開催場所
2月17日(日)白馬岩岳スノーフィールド
2月23日(土)安比高原スキー場
3月10日(日)札幌国際スキー場
3月17日(日)舞子スノーリゾート
3月30日(土)高鷲スノーパーク
競技種目
スキー・スノーボード ダウンヒル
定員
各回250名(スノーボード部門 男女合計200名、スキー部門 男女合計50名)
料金について
参加費:2,500円(複数会場同時エントリーで割引あり)
申込について
WEB上でのエントリー。

大会詳細および申込みについては、Red Bull Snow Charge 2019のウェブサイトを参照ください。

Red Bull Snow Charge 2019 |レッドブル
  

ニュース・イベントガイドラインについて

おすすめ商品

Snoway滑走記録アプリ
ルスツリゾート

[スポンサードリンク]