スバル「ゲレンデタクシー2019」苗場・栂池・エコーバレーの3会場で開催

ニュースNews
スキー場・スキー・スノーボード関するニュースをお届け

スバル「ゲレンデタクシー2019」苗場・栂池・エコーバレーの3会場で開催

2019年01月01日 22時00分

スバルは、2019年1月~2月に長野と新潟のスキー場3会場で、雪上走行体験イベント「SUBARU ゲレンデタクシー2019」を開催すると発表しました。



今シーズンのゲレンデタクシーは、史上最長のロングコースも登場します。1月に長野の栂池高原スキー場で開催され、2月には2週続けてエコーバレーで開催。最終は、新潟の苗場スキー場にて開催されます。

「ゲレンデタクシー 」は、通常走ることのできないスキー場ゲレンデ内にて、スキー場来場者へリフト代わりにスバルの SUV シリーズに乗車し、スバル車の雪上での走行性能を体験していただく事を目的に開催されます。

最新のFORESTERも登場予定です。

タクシーラインナップ2


ゲレンデタクシーを利用するには、開催会場で展示されているゲレンタクシー車両の前で記念撮影を行い、SNS(Twitter、Facebook、Instagram)でハッシュタグ「#ゲレンデタクシー」と共に投稿することでだれでも参加可能です。

ゲレンデタクシー2019開催概要

栂池高原スキー場(長野県)
開催日:2019年1月19日(土)、1月20日(日)
エコーバレースキー場(長野県)
開催日:2019年2月2日(土)、2月3日(日)
               2019年2月9日(土)、2月10日(日)、2月11日(月)
苗場スキー場(新潟県)
開催日:2019年2月16日(土)、2月17日(日)

イベント詳細については、スバルのゲレンデタクシー特設サイトを参照ください。

ゲレンデタクシー 雪山を駆け上がる!?スバルと冬を愉しもう!|SUBARU
  

ニュース・イベントガイドラインについて

おすすめ商品

Snoway滑走記録アプリ
ルスツリゾート

[スポンサードリンク]