スバル「ゲレンデタクシー2017」岐阜・長野の2会場で開催

ニュースNews
スキー場・スキー・スノーボード関するニュースをお届け

スバル「ゲレンデタクシー2017」岐阜・長野の2会場で開催

2017年01月19日 19時00分

富士重工業は、2017年1月~2月に岐阜と長野のスキー場2会場で、雪上走行体験イベント「SUBARU ゲレンデタクシー2017」を開催すると発表しました。
※1月に予定されていた高鷲スノーパークでのゲレンデタクシーは2月18日(土)、2月19日に変更となっています。



今シーズンで4回目となるゲレンデタクシーですが、初めて東海エリアでも開催されます。1月に岐阜の高鷲スノーパーク、2月には長野県のエコーバレースキー場での開催が予定されています。「ゲレンデタクシー 」は、通常走ることのできないスキー場ゲレンデ内にて、スキー場来場者へリフト代わりにスバルの SUV シリーズに乗車し、スバル車の雪上での走行性能を体験していただく事を目的に開催されます。当日は、ラリードライバーによるデモランも予定されています。

タクシーラインナップ2


ゲレンデタクシーを利用するには、開催会場で展示されているゲレンタクシー車両の前で記念撮影を行い、SNS(Twitter、Facebook、LINE、Instagram)でハッシュタグ「#ゲレンデタクシー」と共に投稿することでだれでも参加可能です。

【ゲレンデタクシー2017開催概要】

高鷲スノーパーク(岐阜県)
開催日:2017年1月28日(土)、1月29日(日)
開催日:2017年2月18日(土)、2月19日(日)
エコーバレースキー場(長野県)
開催日:2017年2月4日(土)、2月5日(日)


イベント詳細については、スバルのゲレンデタクシー特設サイトを参照ください。

ゲレンデタクシー 雪に強いスバルのSUVがスキー場を!?|SUBARU

[スポンサードリンク]

ニュース・イベントガイドラインについて

おすすめ商品

[スポンサードリンク]