ウイングヒルズ白鳥リゾート 11月9日に全長1,000mの人工雪ゲレンデで2018-19ウィンターシーズンオープン

ニュースNews
スキー場・スキー・スノーボード関するニュースをお届け

ウイングヒルズ白鳥リゾート 11月9日に全長1,000mの人工雪ゲレンデで2018-19ウィンターシーズンオープン

2018年11月08日 12時04分

ウイングヒルズ白鳥リゾートは、2018年11月9日(金)より全長1,000mの人工雪ゲレンデで2018-19ウィンターシーズンの営業を開始します。

アトリウムゲレンデに用意された全長1,000mの人工雪ゲレンデでのオープンとなり、運行リフトは第一クワッドリフトとなっています。

オープンニングキャンペーンとして、11月9日(金)から12月2日(日)までの期間中に、中学生以上のリフト1日券を購入または前売り券の引き換えをすると、次回使えるリフト券半額券がプレゼントされます。

ウイングヒルズ白鳥リゾート営業概要

オープニングリフト1日券料金(ゴンドラ運行開始または12月21日まで)
平日:大人2,700円、子供1,000円、シニア・中高生2,600円
土日祝:大人3,700円、子供1,000円、シニア・中高生2,600円
駐車場
第一駐車場:平日無料、土日祝1,000円

オープン情報詳細については、ウイングヒルズ白鳥リゾートのウェブサイトを参照ください。

2018-19 ウィンターシーズン オープニング情報| ウイングヒルズ白鳥リゾート

[スポンサードリンク]

ニュース・イベントガイドラインについて

おすすめ商品

スノーウェイからのオススメ情報

[スポンサードリンク]