マックアース 信越12スキー場で使える共通シーズン券「信越12TWELVE」を発売開始

ニュースNews
スキー場・スキー・スノーボード関するニュースをお届け

マックアース 信越12スキー場で使える共通シーズン券「信越12TWELVE」を発売開始

2015年06月01日 18時30分

マックアースは、グループ内の信越エリアにある12スキー場で使える共通シーズン券「信越12TWELVE」を6月1日(月)より発売開始しました。

一昨年前の「信州5」、昨年の「信越9シーズン券」からさらにパワーアップした「信越12TWELVE」の登場です。

利用可能なスキー場は、神立高原スキー場黒姫高原スノーパーク斑尾高原スキー場Mt.KOSHA よませ温泉スキー場Mt.KOSHA X-JAM高井富士(やまびこの丘)白馬さのさかスキー場ヤナバスノーパークMT.乗鞍スノーリゾートおんたけ2240エコーバレースキー場野麦峠スキー場チャオ御岳スノーリゾートの12スキー場となります。なお、おんたけ2240及びチャオ御岳スノーリゾートは、営業開始から2月末まで利用が可能となっており、3月以降は春シーズンオプションが別途必要となります。

料金は、6月1日(月)から9月30日(水)までの超早割期間の購入で、大人29,800円で購入可能です。以降、11月30日までの購入で39,800円となります。

シーズン券詳細及び購入ついては、マックアースのウェブサイトを参照下さい。


マックアース「信越12TWELVE」
  

ニュース・イベントガイドラインについて

おすすめ商品

Snoway滑走記録アプリ
ルスツリゾート

[スポンサードリンク]