長野と新潟の22箇所のスキー場で使える共通リフト券が12月1日より発売開始

ニュースNews
スキー場・スキー・スノーボード関するニュースをお届け

長野と新潟の22箇所のスキー場で使える共通リフト券が12月1日より発売開始

2013年11月27日 18時56分

信越9市町村広域観光連携会議は、長野と新潟の9市町村22箇所のスキー場をお得に楽しむことのできる共通リフトクーポン券「信越自然郷スーパーバリューチケット」を2013年12月1日(日)より販売開始すると発表しました。

共通リフト券は1冊5枚つづりで2万円となっています。リフト1日券のほか、食事券や温泉入浴券、施設利用券等がついています。販売は、2013年12月1日から開始され、1000枚限定での販売となります。

22スキー場には、志賀高原全山や野沢温泉スキー場なども含まれます。

チケットの購入方法等詳細については、信州いいやま観光局のウェブサイトを参照下さい。

[信越自然郷スーパーバリューチケット]
  

ニュース・イベントガイドラインについて

おすすめ商品

Snoway滑走記録アプリ
ルスツリゾート

[スポンサードリンク]