新潟でおすすめのスキー場を目的別にランキング

新潟には、50を超えるスキー場があります。スキー発祥となったスキー場など、歴史あるスキー場が多いのも新潟ならではです。豪雪地帯でもあるため、雪質もよく、積雪量も豊富なことでも知られており、トップシーズンには良質のパウダーを楽しむことができます。5月まで滑ることのできるシーズンの長いスキー場も新潟には多くあります。今回はそんな新潟のスキー場をスノーウェイに投稿されたユーザーの口コミや滑走記録を元に目的別にピックアップしました。

新潟のスキー場概要

新潟でスキー場が集中しているエリアを紹介します。

湯沢エリア

東京から車でも電車でもアクセスが良い湯沢エリアには、苗場スキー場やかぐらスキー場、上越国際スキー場など多くの有名スキー場が集まっております。
 湯沢・苗場・石打丸山のスキー場ランキング

妙高・赤倉エリア

妙高・赤倉エリアには、赤倉温泉スキー場や妙高杉ノ原スキー場など特徴的なスキー場が点在しています。どのスキー場もインターから近いです。
 妙高・赤倉のスキー場ランキング

上越・糸魚川エリア

上越・糸魚川エリアには、糸魚川シーサイドバレースキー場やシャルマン火打スキー場など、豪雪地帯ならではのパウダーが楽しめるスキー場があります。
 上越・糸魚川・胎内のスキー場ランキング

魚沼、長岡エリア

魚沼、長岡エリアには、2シーズン制の奥只見丸山スキー場や六日町八海山スキー場などがあります。
 魚沼・長岡のスキー場ランキング

新潟のスキー場ランキング

スノーウェイに投稿された口コミと滑走記録による長野のスキー場ランキングです。

1位 石打丸山スキー場

石打丸山スキー場は全23コース、15本のリフトが稼働する上越エリアでも最大規模を誇るスキー場です。ハーフパイプも備えるスノーパークもあり人気です。横広なゲレンデ構成で、上部でGALA湯沢スキー場と連結しています。

2位 湯沢中里スノーリゾート

湯沢中里スノーリゾートは、越後中里駅とセンターハウスが直結したアクセスバツグンのスキー場です。ファミリー向けのスキー場とイメージが強かったが、近年は非圧雪のコースやツリーランコースなどが増え、パウダーも楽しめるスキー場として人気があります。

3位 苗場スキー場

日本最大級のウィンターリゾートといっても過言ではない苗場スキー場は、緩急の変化に飛んだ22コースで初心者から上級者まですべてのレベルを満足させます。施設の充実度も日本トップクラスです。

4位 かぐらスキー場

おそらく日本でもっとも営業期間の長いスキー場がかぐらスキー場でしょう。田代エリア、みつまたエリア、かぐらエリアの3つのエリアからなるコース数23本を誇るビッグなスキー場です。非圧雪のゾーンも多く、特にかぐら第5ロマンスリフト沿いは人気です。

5位 神立高原スキー場

神立高原スキー場は、バリエーション豊富なコースがコンパクトにまとまっており、クワッドリフト3基で効率よく滑ることができます。首都圏から約2時間のアクセスの良さでも人気です。週末にはほぼオールナイト営業も行われます。

長い距離を滑りたい

最長滑走距離の長い新潟のスキー場をランキング。

1位 妙高杉ノ原スキー場

縦長のゲレンデレイアウトで約8.5kmのロングランが楽しめるのが妙高杉ノ原スキー場です。三田原ゾーンと杉の原ゾーンの2つのゲレンデあり、1日滑っても飽きることがありません。
最長滑走距離:8.5km

2位 上越国際スキー場

総面積308haの広大なスキー場が上越国際スキー場です。そんな巨大スキー場で一番長いコースはファミリー林間コースです。こちらの最長滑走距離は6kmあり、パノラマゾーンからマザーズゾーンまでを滑って降りてこられます。
最長滑走距離:6km

2位 かぐらスキー場

かぐらスキー場は、田代エリア、みつまたエリア、かぐらエリアの3つのエリアからなるコース数23本を誇るビッグなスキー場である。もともとは3つの独立したスキー場が合体しているため、最長滑走距離もとにかく長く、6kmあります。
最長滑走距離:6km

2位 湯沢高原スキー場

「布場エリア」とスキー場上部の「高原エリア」の2つのエリアからなり、上部エリアへは世界最大級の166人乗りロープウェイでアクセスできます。2つのエリアを結ぶコマクサコースは、滑走距離が6kmあります。
最長滑走距離:6km

たくさんのコースを滑りたい

新潟でコース数の多いスキー場をランキング。

1位 舞子スノーリゾート

舞子スノーリゾートはバリエーション豊富な全26コースで新潟でもっともコース数が多いです。塩沢石打ICおりてすぐのアクセスの良さと、整備の行き届いたスノーパークも人気です。
コース数:26コース

2位 かぐらスキー場

かぐらスキー場は、田代エリア、みつまたエリア、かぐらエリアの3つのエリアからなり、全23コースを楽しむことができます。ドラゴンドラを使うと苗場スキー場も滑ることができるので、合わせると国内でもトップクラスのコース数を誇ります。
コース数:23コース

2位 石打丸山スキー場

新潟のスキー場の総合ランキングでも1位の石打丸山スキー場は、全23コースを擁するコース数の多いスキー場でもあります。石打丸山スキー場、GALA湯沢、湯沢高原スキー場は三山連結しているので、3つのスキー場のコース数を合わせるととても1日ではまわりきれない規模です。
コース数:23コース

パークを楽しみたい

国際大会可能なハーフパイプを擁するスノーパークが新潟にはあります。

石打丸山スキー場

国内最大級の「南魚沼市モンスターパイプ」があるのが、石打丸山スキー場です。全長170mに高さ約6.5m〜7mと国際基準を満たすモンスターなハーフパイプです。モンスターパイプとは別にスノーパークには全長120m、幅15m、高さ4mのレギュラーサイズのハーフパイプも用意されています。パークは国内最大規模をほこるフリースタイルエリアとなっています。

上越国際スキー場

上越国際スキー場は、4つのエリアからなる巨大スキー場。ゲレンデ正面のマザーズゾーンには「長峰ハーフパイプ」があります。長さ100m、幅17m、高さ4mで、斜度は15.5度。専任スタッフにより毎日メンテナンスされています。テーブルトップやレールなど、各種アイテムが充実しているスノーパークも同じマザーズゾーンにあります。アクティブゾーンには、ワールドカップも開催されたスーパーパイプ「大別当ハーフパイプ」があります。長さ130mx幅20m、高さ4mに斜度18度と本格的なハーフパイプです。

池の平温泉スキー場

池の平温泉スキー場には、スロープスタイル形式で流しながら楽しめるスノーパーク「GOGOパーク」が用意されています。多彩なアイテムが揃っています。ドリームコースにもハイクパークが用意されています。

パウダーやツリーランを楽しみたい

豪雪地帯として知られる新潟だからこそのパウダーを楽しみたいですね。

関温泉スキー場

関温泉スキー場は国内でも有数の豪雪地帯に位置し、未圧雪バーンが多く、トップシーズン中には極上のパウダースノーを満喫することができる。コースはコンパクトながらも地形を生かした中斜面と急斜面が多く、ツーリランができるコースなど深雪好きにはたまらないレイアウトです。ゲレンデがほぼ非圧雪という振り切ったスキー場です。

シャルマン火打スキー場

シャルマン火打スキー場は、「非圧雪主義」をうたいゲレンデ約65%が非圧雪エリアとなります。コースというよりゲレンデ全体を滑ることができるので、ツリーランも楽しめます。リフト下など滑走禁止エリアは絶対に入らないようしましょう。

ロッテ アライリゾート

2017-18シーズンに復活したロッテアライリゾート(旧ARAIマウンテン&スパ)。日本でも有数の積雪量と極上のパウダーを楽しめる大毛無山に展開されています。以前より特別管理区域がひろがり、エキサイティングなライディングを楽しめるようになっています。オフピステも10エリア用意されており、山全体を滑る感覚を味わうことができます。

ファミリーで楽しみたい

上越国際スキー場

赤い三角屋根が目印のホテルグリーンプラザ上越目の前に、雪の遊園地「キッズパラダイス」が大きなスペースに用意されています。ネットで囲われたキッズパラダイスには、スノーエスカレーターが完備され、雪遊びやふあふあ、雪のアスレチックが楽しめます。さらに、スリル満点のスノーチュービングやスノーストライダー専用コースまであります。そり専用のソリランドは無料で利用できます。

スキー・スノーボードをはじめたい子どもたちには、スポンジ・ボブスノーキャンプがおすすめ。3歳から参加可能なキッズレッスンがあり、スキー・スノーボードを体験できます。雪上運動会のイベントなどもあり、子どもだけでなく大人も一緒に楽しめる工夫もいっぱい用意されています。ホテル内には、託児所「ポーくんのおうち」があり、2歳から6歳までの子どもたちを預かってくれます。

岩原スキー場

エリア最大規模を誇るキッズエリア「キッズパラダイス」が有名なワイドバーン下部に用意されています。雪遊びゾーンやソリゾーンなど様々なアクティビティを楽しむことができます。スノーモービルで牽引されたそりにのって遊ぶアトラクションなどもあります。スノーストライダーも用意されています。ファミリー専用ハウス「キッパラハウス」があり、室内あそびコーナーや授乳コーナーなども用意されています。

ムイカスノーリゾート

ムイカスノーリゾートは、インターからも近く、駅からもバスでの送迎があるアクセスの良いスキー場です。ベースエリア付近、駐車場からもすぐのところに「スマイルキッズパーク」が用意されています。スノーエスカレーターが完備されたキッズパークは、そりエリアとスキー&スノーボードエリアに分かれているので、安心して遊ぶことができます。そりエリアには無料の貸出「ソリ」が各種用意されています。

ニュー・グリーンピア津南スキー場

ニュー・グリーンピア津南ホテル前に広がるプライベートゲレンデのようなニュー・グリーンピア津南スキー場。ホテル前正面ゲレンデに雪遊びコーナーが用意されています。ソリ遊びだけでなく、スノーチューブや滑り台なども楽しむことができます。馬ぞりやエアーボード、スノーラフティングなどのアクティビティも充実しています。ホテルには、温泉のほか、プールなどのインドア施設も充実しているので、子どもたちが滑りに飽きても大丈夫です。夜には、スカイランタン体験も行われています。

インターから近い新潟のスキー場

妙高高原ICや湯沢IC周辺に多くのスキー場が集まっています。

神立高原スキー場

関越道湯沢ICから約1kmの距離にあるのが神立高原スキー場です。首都圏からもアクセスが良いのも納得です。
インターからの距離:関越道湯沢ICから約1km

NASPAスキーガーデン

関越道湯沢ICから約2kmにあるNASPAスキーガーデンは、湯沢エリアでは数少ないスキーヤーオンリーのスキー場です。
インターからの距離:関越道湯沢ICから約2km

池の平温泉スキー場

上信越道妙高高原ICから約2.5kmとアクセスもよく、スキー場から車で1分の距離にランドマーク妙高高原「温泉+かふぇ」も用意されています。
インターからの距離:上信越道妙高高原ICから約2.5km

岩原スキー場

関越道湯沢ICから約3kmにある岩原スキー場は、安心のワイド&ロングな全20コースで構成されるスキー場です。横幅の広い名物の1枚バーンは初級者でも楽しめます。
インターからの距離:関越道湯沢ICから約3km

ガーラ湯沢

電車でのアクセスの良さで有名なGALA湯沢ですが、関越道湯沢インターを降りてから約3kmと車でもアクセスの良いスキー場といえます。
インターからの距離:関越道湯沢ICから約3km

湯沢高原スキー場

湯沢高原スキー場は、湯沢I.C.から車で約5分(3km)のところにあります。
インターからの距離:関越道湯沢ICから約3km

電車で行きやすい新潟のスキー場

駅と直結したスキー場もあったりと東京から電車でのアクセスの良いスキー場が結構あります。

ガーラ湯沢

新幹線の駅と直結のスキー場といえばガーラ湯沢スキー場。改札を出るとそこは、スキーセンター「カワバンガ」となっており、着替えをするとそのままゴンドラステーションからスキー場へ行くことができます。
東京から電車で約77分

上越国際スキー場

「上越国際スキー場前駅」から徒歩30歩とほぼ駅直結のスキー場が上越国際スキー場です。「上越国際スキー場前駅」までは新幹線で越後湯沢駅までいき、そこから上越線でのアクセスとなります。
東京から電車で約2時間

湯沢中里スノーリゾート

越後中里駅と直結しているのが湯沢中里スノーリゾートです。駅には、中里スキーセンターがあり、レンタルや更衣室が完備されています。
東京から電車で1時間半

湯沢高原スキー場

越後湯沢駅(西口)から徒歩8分にあるのが、湯沢高原スキー場です。冬季は駅から無料のシャトルバスもあるので、荷物が多い場合はそちらを利用するのが良さそう。ロープウェイ山麓駅舎に、更衣室、ロッカーやレンタルなどの施設が用意されています。
東京から電車で約80分

温泉も楽しみたい

赤倉温泉スキー場

赤倉温泉スキー場は、「ヨーデルゲレンデ」、「くまどーゲレンデ」、「銀嶺ゲレンデ」の3つのゲレンデがなる妙高エリアを代表する規模の大きなスキー場です。古くから温泉街としても知られる赤倉温泉スキー場。ゲレンデベースエリアには多くの温泉宿が軒を連ねています。

池の平温泉スキー場

スキー場から車で1分の距離にランドマーク妙高高原「温泉+かふぇ」も用意されています。

湯沢温泉

越後湯沢周辺は、温泉街ともしても知られています。多くのスキー場が集まるエリアですので、温泉と同時に滑りも楽しめます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で