長野・新潟でハーフパイプのある5スキー場を徹底紹介

Pocket

多くのスキー場が集まる長野と新潟で、ハーフパイプのある5スキー場を紹介しています。石打丸山スキー場のモンスターパイプを筆頭に、国際規格の大きなハーフパイプが集まるエリアでもあります。

石打丸山スキー場(新潟)

国内最大級の「南魚沼市モンスターパイプ」があるのが、石打丸山スキー場です。全長170mに高さ約6.5m〜7mと国際基準を満たすモンスターなハーフパイプです。モンスターパイプとは別にスノーパークには全長120m、幅15m、高さ4mのレギュラーサイズのハーフパイプも用意されています。パークは国内最大規模をほこるフリースタイルエリアとなっています。スキーハーフパイプの小野塚彩那選手が練習していたスキー場でもあります。

  • 住所:新潟県南魚沼市石打1782-2
  • アクセス:関越道塩沢石打ICから約3km

上越国際スキー場(新潟)

上越国際スキー場は、4つのエリアからなる巨大スキー場。ゲレンデ正面のマザーズゾーンには「長峰ハーフパイプ」があります。長さ100m、幅17m、高さ4mで、斜度は15.5度。専任スタッフにより毎日メンテナンスされています。テーブルトップやレールなど、各種アイテムが充実しているスノーパークも同じんマザーズゾーンにあります。アクティブゾーンには、ワールドカップも開催されたスーパーパイプ「大別当ハーフパイプ」があります。長さ130mx幅20m、高さ4mに斜度18度と本格的なハーフパイプです。

野沢温泉スキー場(長野)

野沢温泉スキー場のハーフパイプは全長2kmの巨大な「上ノ平スノーパーク」内にあります。上ノ平ゲレンデ下部にあるハーフパイプは、全長約110m、高さ3.5mの仕様。キッカー、ボックス、ウェーブ、レールなどのアイテムが多数設置された「上ノ平スノーパーク」は、上ノ平フォークリフト1本で全体を楽しめるようになっています。

Hakuba47 ウィンタースポーツパーク(長野)

白馬エリアの中でもスノーパークが充実していることで有名なHAKUBA47ウインタースポーツパーク。ルート4に「R-4スノーパーク」があり、その中に全長135m、幅16m、高さ3.5mのハーフパイプが設置されています。スノーパークは、LINE A/Bのペアリフトでアクセス可能です。

  • 住所:長野県北安曇郡白馬村神城24196-47
  • アクセス:上信越道長野ICから約47km

X-JAM高井富士(長野)

日本最大級のスノーパーク「MAX BEAT PARK X-JAM」を擁するX—JAM高井富士スキー場。スノーパークには、47アイテムが揃い、その中にハーフパイプが2本用意されています。レギュラーパイプは、長さ130m、幅15m、高さ3m、斜度16度、ビッグハーフパイプは長さ130m、幅18m、高さ4m、斜度16度と本格的なハーフパイプが揃っています。パークは1日に2回メンテナンスが入りますので、いつでもコンディションは良好です。

  • 住所:長野県下高井郡山ノ内町北志賀高原12713-94
  • アクセス:上信越道信州中野ICから約30分

長野・新潟でハーフパイプのあるスキー場マップ

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

長野・新潟でハーフパイプのあるスキー場を紹介しました。ハーフパイプのあるスキー場は、スノーパークも充実していることが多いので、一緒にたくさん楽しめそうですね。ハーフパイプはコンディション等によってクローズしていることもありますので、事前に公式サイトでオープン状況等を確認してからお出かけくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で