関東近郊でハーフパイプのあるスキー場

首都圏からアクセスの良いハーフパイプがあるスキー場を紹介します。

ハンターマウンテン塩原(栃木県)

ハンターマウンテン塩原には、レギュラーパイプとミニパイプの2本のハーフパイプが用意されています。レギュラーパイプは、全長100m、幅18m、高さ4mで平均斜度12度のワイドなハーフパイプです。ミニパイプは、全長50m、幅10m、高さ3m、平均斜度8度と初心者でも楽しめるようになっています。ハーフパイプは例年1月下旬からオープン予定です。ハンターマウンテン塩原はハーフパイプの他にも、2WAYキッカーやレールなどのパークアイテムが充実したスキー場なので、パーク好きには最高の練習環境が整っています。

スノーパーク尾瀬戸倉(群馬県)

パークアイテムが充実していることで、人気のスノーパーク尾瀬戸倉には、正面ゲレンデにハーフパイプがあります。斜度16.5度の斜面に、全長120mの「スーパーパイプ」が設置されています。多くの日本チャンピオンがこのパイプよりうまれています。スクールにはスキーパークレッスンコースもあるので、安心してハーフパイプにチャレンジすることができます。

  • 住所:群馬県利根郡片品村戸倉329
  • アクセス:関越道沼田ICから約36km

スノーヴァ溝の口-R246(神奈川県)

1年中滑ることができる室内スキー場「スノーヴァ溝の口-R246」にもハーフパイプが設置されています。ハーフパイプは、全長65m、高さ2.5m、幅14m、斜度14度となっており、レベルを問わず誰でも楽しめるつくりです。シェイプは日々メンテナンスされており、飛びやすいと評判です。ワンメイクやレールなどのパークアイテムも充実しています。様々なレベルに併せたレッスンが1年を通して、開講されています。

  • 住所:神奈川県川崎市高津区下作延1358-1
  • アクセス:東名川崎インターより20分

関東近郊でハーフパイプのあるスキー場マップ


もう少したくさんあるかと思ったんですが、関東近郊でハーフパイプの有るスキー場は意外にすくなかったです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で