子どもと雪遊びやソリ遊びを楽しむのに最適な関西の8スキー場

Pocket

関西エリアで子連れでも楽しめるスキー場を紹介したいと思います。子どもたちの雪遊びに徹するなら、おすすめはリフトのない「マキノ高原マキノ」と「赤子山スキー場スノーパル」が週末でも広々と遊ぶことができます。

Snoway滑走記録アプリ

ハチ高原スキー場(兵庫)

ハチ高原スキー場
ハチ高原スキー場は、トップの標高が1221mの鉢伏山の南側斜面に広がる緩・中斜面主体のスキー場です。広大なオープンバーンになっているので、ゲレンデを広々と使えるので、練習に最適です。ムービングベルト(ラグーナ)が設置された広大なキッズパークがあり、ソリやスノーチュービングなどで遊ぶことができます。スノーストライダーでも遊べるのはうれしい。

ゲレンデ内に宿があるので、宿泊で訪れると子どもたちが疲れてもすぐに部屋で休むことができので良いです。それほど滑らないのであれば、滑るエリアが限られたグリーンエリア券というのがあるので、そちらを利用するとリフト代を抑えることができます。

リフト料金が4歳からかかり、駐車場の料金が1,800円と高いのは残念なところです。

「ハチ高原スキー場」おすすめの口コミ

子供づれにもお勧め。
月の3連休の最終日に行ってきました。
11日から大雪で心配していました。スキー場に近づきあと少しという所で大渋滞。路面が凍結していてスリップしている車が多発していた為です。
ゲレンデはパウダースノーで快適。
子供連れだったのですが、2月13日は子供のリフト料金が100円というお得な日。子供はキッズパークの雪山に登ったり雪だるまを作ったり大はしゃぎでした。まだスキーが早い小さいお子様でも安心して遊べるスペースです。
子供はスキーも少ししか滑れませんが、ファミリーゲレンデは穏やかな坂でリフトも安全バーがあるので安心。非常に穏やかな林間コースもあって、練習にもぴったりでした(ただしこの林間リフトは安全バーがなく少し怖い)
  • 住所:兵庫県養父市ハチ高原
  • アクセス:北近畿豊岡自動車道八鹿氷ノ山ICから約30分

六甲山スノーパーク(兵庫)

六甲山スノーパーク
大阪から一番近い「六甲山スノーパーク」には、メインゲレンデとは別に独立したソリ専用のスノーランドが用意されています。幅約200m、長さ50mの約10,000㎡で関西有数の広さを誇ります。

週末は混雑必至なので、車の場合は朝早めにでかけるのがおすすめです。平日でも幼稚園の団体などが入っていることが有るので、公式サイトの団体入場情報をチェックしてから出かけるようにしましょう。

人工雪ではありますが、シーズン中は天然雪が積もることも有ります。車で出かける場合は、冬タイヤやチェーンを忘れないようしましょう。

総じて、休憩場所等揃っているのですが、子どものオムツ替え等の施設が少ないのが残念なところです。

「六甲山スノーパーク」おすすめの口コミ

子供のスキー場デビューには最高
関西圏の人にとって、ここでスキー場デビューした人も多いと思います。アクセスが最高なので、思いついてすぐに行ける気軽さが嬉しいです。

この日も家を出たのは、10時過ぎでしたが、11時には到着しゲレンデに立っていました。土曜日に行ったこともあり、駐車場はかなり埋まっていました。かなりバブってる感じでした。

そりゲレンデどスキー場がしっかり分かれているのは、親としては嬉しいですね。
安全に遊ばせることができます。

レストランがひとつしかないので、お昼時には長蛇の列ができますので、時間をずらして食べるのがいいです。

オムツ変える場所がよくわからなかったので、ロッカーで変えさせました。この辺りの設備が充実してくるとうれしいです。

  • 住所:神戸市灘区六甲山町北六甲4512-98
  • アクセス:阪神高速3号神戸線魚崎ICから表六甲ドライブウェイ

若杉高原おおやスキー場(兵庫)

若杉高原おおやスキー場は、緩中斜面中心のコース構成で、初級者や子どもたちのスキー場デビューに向いています。ファミリー向けスキー場として有名で、兵庫県内で唯一の託児所のあるスキー場でもあります。子どもたちのスキー場デビューに利用するファミリーが多いです。

施設が充実しており、宿泊でも楽しむことができます。スキー場内には温泉があり、冷えた子どもたちの体を温めてから帰ることができます。

  • 住所:兵庫県養父市大屋町若杉99-2
  • アクセス:中国道山崎ICから約48km

箱館山スキー場(滋賀)

箱館山スキー場
関西圏からのアクセスも良く、コースバリエーションも豊富な箱館山スキー場。スノーエスカレーターを完備したキッズワールドが用意されています。ソリ遊びだけでなく、スキー・スノーボード初心者の練習もできます。

コースが全般的に幅広で、緩斜面が多いので、リフトに乗り始めた子どもたちの練習に最適です。レストランや休憩施設が充実しているのもポイントが高いです。

スキー場へはゴンドラでのアクセスとなるため、荷物の多い子連れには少し不便です。3歳〜6歳までゴンドラ往復料金が必要となります。

「箱館山スキー場」おすすめの口コミ

コースは短く少ないけど好き
私はここで練習して滑れるようになりました
コースは少ないし短いけど初心者が練習しやすいスキー場です。
ファミリー、初心者用でレベルの高い人には退屈かも。
私は人がいると集中して滑れないので近所の琵琶湖バレイよりは遥かに
落ち着きます。
係員もいい人達が多いしレストランもお昼でも空いてるし相性バッチリ。
雪質はシャバシャバかアイスバーンみたいなのが多くてあまり良くは無いけど。
  • 住所:滋賀県高島市今津町日置前
  • アクセス:名神高速道路「京都東IC」から今津方面へ60km(湖西道路、国道161号線経由)

国境高原スノーパーク(滋賀)

国境高原スノーパークは、京阪神からのアクセスも良く、初・中級者向き斜面主体のゲレンデレイアウトが特徴的なスキー場です。小さな子供連れの場合、駐車場からゲレンデまでの距離はかなり重要ですが、国境高原スノーパークなら、駐車場目の前がゲレンデなのでアクセスも楽々です。

ムービングベルトを備えたキッズパーク「キッズパラダイス」が第1ロマンスリフト近くに用意されています。ソリ遊びなどが気軽に楽しめます。フワフワのクニ男も登場します。レストハウスが隣接しているので、疲れてもすぐに休憩できるのはうれしいですね。

京都東ICより湖西道路でのアクセスなので、高速代も抑えることができます。週末は混雑するので、駐車場の良い位置に停められるように朝早く出かけるのがおすすめです。

「国境高原スノーパーク」おすすめの口コミ

子どもたちにいいところ
家族4人(小学生2人)で行きました。雪が断続的に降り続くなかでもそれほど寒くなくすごせました。
昼食は幸運にもスムーズにすわれ、もう一つのレストランでお茶休憩もとれたので快適に過ごせました。
ラーメン、カレーの定番メニューも美味しかったです。が土日はやはり混んでました。
珍しく全リフトが動いていたのでリフトの混雑はなかったです。
小学生でも全コース滑ることができるぐらいの斜度なので飽きることなく滑ることができました。
  • 住所:滋賀県高島市マキノ町野口
  • アクセス:名神高速道路京都東ICよりから湖西道路77km、北陸道木之本ICから約18km

マキノ高原マキノ(滋賀)

赤坂山山麓に展開するマキノ高原マキノスキー場は、昭和初期にオープンし、昔から関西圏のスキーやスノーボード事情を支えてきた老舗ゲレンデですが、近年はリフトを全撤去して、スキー主体から“自然雪と遊ぶ”をコンセプトとし、動く歩道(サンキッド102m 1日券1000円)を主体にキッズパークへ変身しました。子どもたちんの雪遊び&スキーデビューに最適です。

他にも、マキノの雄大な自然を満喫するスノーシューツアーやトレッキングが人気を集めています。

また場内には、マキノ高原温泉さらさも併設。温泉のみならず、水着で入るバーデゾーンもファミリーには人気。雪遊びで冷えた体を、温泉で温めることができます。

「マキノ高原マキノ」おすすめの口コミ

スキーデビューはここで決まり
・いわゆるリフトはないゲレンデです。
・サンキッド(むーびんぐベルト100m)が1基あるのみです。
・この情報だけなら、他に行ってしまう人も多いと思いますが、ファミリー(特に初めてスキー、ボード)をする人同伴なら、ここはベスト(近畿)だと思います。
・斜度(正確なデータは知りませんが)5度くらい?(野沢の上の平よりゆるい)斜面がメインゲレンデで、後は担いで登って滑る春スキーを思わせるゲレンデです。
・サンキッドは1日1,000円と初心者同伴にはありがたい設定。
・レンタルも子供用は2000円と財布にも優しいスキー場です。
・サンキッドのスピードは徒歩より遅く、急停止もありますが、リフトの乗り降りよりも初心者向きです。
・駐車場も7時30分くらいに到着したら、一番近いところに停めれました。
  • 住所:滋賀県高島市マキノ町大字牧野931
  • アクセス:北陸道木之本ICから約30km・約30分

赤子山スキー場 スノーパル(滋賀)

赤子山スキー場 ファミリーゲレンデ スノーパル
赤子山スキー場は、元々スキー場として営業していたが、現状はリフトは動いておらず、ソリや雪遊びができるゲレンデとなっている。ゲレンデ全部を広々とつかうことができるので、子どもたちも安心して楽しむことができます。週末でも比較的空いているので、伸び伸び遊べるのもうれしい。

例年2月上旬に「SNOW FESTA」も開催されています。スキー場を利用するのには、入場料が必要となります。

スキー場横には、コテージ「ウッディパル余呉」があり、コテージに泊まっての雪遊びも楽しむことができます。

「赤子山スキー場 スノーパル」おすすめの口コミ

子供の雪山デビューには最高!
広い1枚バーンのスキー場ですが、今はリフトが動いていないため、めちゃくちゃひろいソリ用ゲレンデといった感じです。斜度もいい感じなので、子供のスキーデビューには良かったです。駐車場代もかからず、入場料も大人500円なので、大人が滑ることを諦めて子どもと遊ぶに徹するには最高の場所だと思います。併設されたロッジに泊まって、雪遊びというのが子供にも負担がなくよかったです。
  • 住所:滋賀県伊香郡余呉町中之郷
  • アクセス:北陸自動車道 木之本ICより国道365号・県道284号 6.0km、9分

京都広河原スキー場(京都)

京都広河原スキー場16
京都市内にあるスキー場が「京都広河原スキー場」です。リフト1本にコースも1本のスキー場ですが、奥に独立したキッズゲレンデが用意されています。上からの滑走者を気にすることなくソリ遊びなどを楽しむことができます。

スキー場に入るのに、入場料がかかります。あと、駐車場の台数が限られているので、早めにでかけたほうがよいです。

「京都広河原スキー場」おすすめの口コミ

京都市内にある唯一のスキー場
京都市内にあるスキー場ということで以前より気になっており、やっと行くことができた。
【ゲレンデ】
リフト1本だが、中間駅があり、コースは上部と下部にわかれているような感じの1本コースです。自然の地形を生かした作りで、グラトリとか好きな人には良さそう。リフト脇の林間を滑れたら相当おもしろそうです。ちょっとしたアイテムあったりするので、遊べます。
【料金】
入場料+リフト料金ですが、比較的リーズナブルです。駐車場は無料でした。
【雪質】
京都市内とは思えない雪です。3月にも関わらず結構よかったです。トップシーズンにパウダー狙いも面白そうです。
【アクセス】
いろいろ行き方はあるようで、途中に結構ハードな山道を抜けますが、スキー場周辺はそれほどハードな道はなかったです。道が細いので運転には注意が必要です。
【レストラン】
食べてないので、なんとも言えませんが、レストランの雰囲気はよかったです。
  • 住所:京都府京都市左京区広河原尾花町
  • アクセス:名神自動車道 京都南ICより国道1・9・477号・県道38号 70.0km、120分

関西で子連れで楽しめるスキー場マップ


子ども連れで雪遊びやソリ遊びを楽しむことができるスキー場を紹介しました。親も一緒に滑りたい場合は、スクールの充実したスキー場などを選ぶのが良いと思います。どちらかと言うと、子どもたちと一緒に雪遊びやソリ遊びを楽しめるスキー場を中心にピックアップしました。せっかくの楽しい雪山も防寒対策をしっかりしておかないと辛いことになりますので、お忘れなく。この冬は子どもたちと一緒に雪山を楽しんでみましょう!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

SNOWAY運営と記事編集を担当しています。ほんとは冬にたくさん滑りたいのですが、実際はシーズン初めと終わりにアプリのテストを兼ねて滑りに行く業務滑走が中心。今シーズンはパウダーを心のそこから楽しみたいです。