青森に行ったら訪れてみたいおすすめのスキー場5選

あまり知られていませんが、青森県には10を超えるスキー場があります。大きなスキーリゾートやバックカントリーで有名なスキー場まで個性豊かなスキー場が揃っています。今回はそんな青森で訪れてみたいスキー場を5つ紹介したいと思います。

青森の全スキー場のランキングは以下のリンクを参照下さい
 青森のスキー場ランキング

八甲田スキー場

バックカントリー好きからも人気の高いスキー場が八甲田スキー場です。ロープウェイ山頂駅から山全体を滑るコース取りが楽しめます。林間コース主体ですが、樹氷の中を滑ることができます。山頂からは津軽湾が一望でき、運が良ければ北海道まで見渡すことができます。ガイドによるバックカントリーツアーコースでは、酸ケ湯温泉に抜けるルートなどがあります。

「八甲田スキー場」おすすめの口コミ

海と樹氷が楽しめます!
ロープウェイで山頂に行けば津軽湾が一望でき、おまけにきれいな樹氷が山全体に広がってます。滑りだしは傾斜がキツイけどそれを越えれば、きれいな林間コースを楽しめます。八甲田ホテルに泊まりましたが、雰囲気も部屋も快適です。有名な酢ヶ湯温泉とスキー場への送迎もあり重宝しました。
帰りは青森駅へ。ホタテをたくさんいただきました。他の東北のスキー場とは一風変わった魅力のあるところです
  • 住所:青森県青森市大字荒川字寒水沢1-12
  • アクセス:青森道青森中央ICから約20km

モヤヒルズスキー場

青森市内から車で約30分ほどとアクセスの良いのがモヤヒルズスキー場です。ゲレンデは全6つのコースで構成され、最大斜度31度、最長滑走距離1,800mを楽しむことができます。4人乗りの高速クワッドリフトの左右にコスモスゲレンデとワラビゲレンデが展開されています。中上級者向きのコースも多く、滑りごたえがあります。ナイター営業も行っており、コスモスゲレンデとワラビゲレンデを滑ることができます。

  • 住所:青森県青森市大字雲谷字梨野木63
  • アクセス:東北道青森ICから約10km

むつ市釜臥山スキー場

本州最北端のスキー場として有名なのが、むつ市釜臥山スキー場です。スキー場からは陸奥湾が間近に迫る迫力のある景色を見ることができます。スキー場は縦に展開されており、リフトが2本あります。下部が初級コースで上部に滑りごたえのある上級コースがあります。ナイター営業も行っており、ナイター時の夜景も格別です。

「むつ市釜臥山スキー場」の口コミ

意外と滑り応えのあるローカルスキー場だが…
このスキー場、リフトは縦に2本。滑走標高差は約370mで、これは立派な数値だ。気になるのは標高の低さ。海に近いこともあり、トップの標高は480mくらいしかない。果たして雪質はどうか?本州最北端という緯度の恩恵はあるのだろうか?上級コースは上部のみで、16時には終了してしまう。それだけ滑るなら2時間券でもいいが、此処はナイター時の夜景も売りのひとつだ。いちお、それも考慮して4時間券を買った。もちろん、リフト券は安い。

下のリフトは固定式のペアで、乗り場には何とローディングカーペットが設置してある。ローディングカーペットは、高速運転している固定式リフトで、乗車時の衝撃を緩和するために設置するケースが多いのだが、此処もそうなのだろうか?体感的には特に高速運転してるようには思えず、利用客に子供が多いから、安全を考慮して設置したのかも知れない。

上のリフトは無骨なシングルだが、支柱は割と新しく見えた。そして、眼下に広がる非圧雪の急斜面。むろん、こんな時間の滑り出しだから、新雪は喰われまくりだが、そもそも滑走者の数が少ないので、コース端は意外と綺麗なままだ。コース中央にはラインコブが2本。雪が少ないとは聞いていたが、コブの溝からブッシュが出ている箇所が少しあるだけで、後は概ね十分な積雪量だ。

リフトを下りて背後を見ると、なるほど聞きしに勝る光景がバーーーン!!と広がっていた。手前には、砂州に抱かれるように大湊港があり、自衛隊のモノモノしい艦が2隻、係留されている。その先はひたすら広大な陸奥湾が広がる。左手にはむつ市街があり、下北半島の緩やかな海岸線がずっと先まで続いている。そして、さらに左には、半島を挟んで反対側の太平洋まで見えるではないか。情報収集の段階で、何度も写真で見た光景だが、自分の目で見るとやはり感慨深い。思えば遠くへ来たものだ。数多くのスキー場を訪れて、海を見ながら滑ったことは何度かあるが、これほどまで海に近いスキー場は初めてだろう。

青森スプリング・スキーリゾート

青森スプリング・スキーリゾートは、青森を代表する巨大スキーリゾートです。青森でも屈指の豪雪エリアにあるため、シーズン中は最高のパウダースノーを楽しめるスキー場としても有名です。スノーパークもアイテムが充実しており、ハーフパイプも用意されています。

弘前市内から車で約40分と好アクセスを誇る。スキー場には、ホテルも用意されており、充実した設備でファミリー層からも人気があります。チュービングやスノーモービルなどのスノーアクティビティーも充実していることもあって、青森でゆっくり滑りを楽しむにはオススメのスキー場と言えます。

「青森スプリング・スキーリゾート」おすすめの口コミ

やはり立地がネックなのでしょうか
世界遺産白神山地の近く、明峰岩木山の北側に開かれたスキー場です。
青森の鯵ヶ沢町というところにあり、当初の経営はプリンスホテルでした。その後韓国経営の「ナクア白神」に変わり現在はシンガポール経営する「スプリングリゾート」へ。ゲレンデ直結のホテルはとてもきれいで居心地良し。ゲレンデも高速リフトやゴンドラで輸送力高め、丁寧な圧雪と程よい斜度が続くコースは初心者でも山頂からロングクルーズが楽しめる素晴らしいレイアウト。あとこれは良いのか分かりませんが、とても空いてます。私的にはとても好きなゲレンデですが、やはり立地がアレなだけに中々重い腰が持ち上がりません…。フットワークが軽い方は1度足を運んであげて下さい。
  • 住所: 青森県西津軽郡鯵ヶ沢町鯵ヶ沢高原
  • アクセス:東北道大鰐弘前ICから車で約1時間

大鰐温泉スキー場

大鰐温泉スキー場 は国内のスキー場の中でも歴史のある老舗スキー場で、かつては東北を代表するビッグゲレンデでした。現状はリフト3基で全9コースをカバーしています。トップの標高が550mながらも、ベースが低いため、標高差430mを滑り降りることができます。豪快な非圧雪の急斜面コースである神沢バーン(超上級者)、滝の沢ゲレンデ(上級者)などはチャレンジのしがいがあります。山麓エリアに昔ながらの温泉街が懐かしい「大鰐温泉」があり、多くの温泉宿が軒を連ねています。

  • 住所:青森県南津軽郡大鰐町大字虹貝字清川48-1
  • アクセス:東北道大鰐弘前ICから約5km

青森のおすすめのスキー場マップ

青森に行ったら訪れてみたいおすすめのスキー場を5つ紹介しました。ローカルなゲレンデから大きなスキー場まで揃っていますね。アクセスの面でなかなか訪れることが難しいスキー場もありますが、本州とは思えない最高の雪質を楽しむことができるので行ってみる価値はありそうです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で